東京アニメアワードグランプリ 台湾作品イ・シウチェン監督と氷川竜介さんトークショー | アニメ!アニメ!

東京アニメアワードグランプリ 台湾作品イ・シウチェン監督と氷川竜介さんトークショー

ニュース イベント

国内で発表された商業アニメのノミネート部門、そして世界各国からの応募される公募部門、毎年開催される東京アニメアワードはふたつのコンペティション部門を持つ。2013年に公募部門のグランプリに輝いたのがツァイ・シウチェン監督の『Time of Cherry Blossoms』である。台湾からの応募作品だ。

ツァイ・シウチェン監督が、作品について直接観客に語りかけることになった。ワーナー・マイカル・シネマズ板橋では、5月18日18時から、アニメ評論家の氷川竜介さんとツァイ・シウチェン監督のトークショーが行われる。
氷川さんと、作品が誕生した経緯や制作への思いなどが語られる。トークは20分程度、トーク後に『Time of Cherry Blossoms』、そしてデンマークからの『The Story of Animation』が上映される。いずれも鑑賞は無料で、当日券もある。

ツァイ・シウチェン監督は台湾出身。『Time of Cherry Blossoms』でも台湾を舞台にしている。
神々と人々が共に祈り、共に暮らしたあの場所、あの時代。圧巻の満開の桜に包まれた神様の人形たちの船出がクライマックスだ。裏路地のディテールなど、日本人の心象風景にも残るような叙情豊かな映像やデジタルとアナログを融合させた丁寧でユニークな画面演出が際立つ。話題作である。

このトークショーは5月18日から1週間、全国のワーナー・マイカル・シネマズにて第12回東京アニメアワード公募部門でワーナー・マイカル賞の関連企画だ。ワーナー・マイカル賞を受賞した『Time of Cherry Blossoms』と『The Story of Animation』を特別に無料上映する。『Time of Cherry Blossoms』がグランプリとのダブル受賞となっていることもあって企画された。
アニメアワード受賞作をシネコンで上映する試みは今回が初である。こうした機会は、一般の来客が人材育成や業界の最新動向を知る貴重な一助になるに違いない。トークショーの観覧も無料であるので、是非とも公式サイトから申し込んでみたい。
[真狩祐志]

東京国際アニメフェア2013「ワーナー・マイカル賞」上映記念
受賞監督ツァイ・シウチェン監督×アニメ評論家氷川竜介氏トークショー
5月18日(土)18時~
ワーナー・マイカル・シネマズ板橋
/ http://www.tokyoanime.jp/ja/news/topics/891/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 東京アニメアワード公募部門 グランプリは台湾から「Time of Cherry Blossoms」  画像 東京アニメアワード公募部門 グランプリは台湾から「Time of Cherry Blossoms」 
  • 「牙狼~蒼哭ノ魔竜~」と雨宮慶太監督 台湾イベントで熱烈歓迎 画像 「牙狼~蒼哭ノ魔竜~」と雨宮慶太監督 台湾イベントで熱烈歓迎

特集