「ニンジャスレイヤー」今度は“アニメ”トレーラー公開 続々とキャラクター姿を見せる

ニュース

Twitter発のサイバーパンクニンジャ活劇『ニンジャスレイヤー』が、2015年春にアニメーショ化される。タイトルは『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』。大ヒット作『キルラキル』を手がけた気鋭のアニメスタジオ・TRIGGERが制作を担当し、同作で副監督を務めた雨宮哲が監督を務める予定だ。
このたび、公式サイトにて、トレーラーが公開された。ファン待望のアニメビジュアルが初披露された。

トレーラーでは、BOOM BOOM SATELLITESによる本作のメインテーマ「BACK IN BLACK」をバックに、続々とキャラクターたちが姿を見せる。主人公のニンジャスレイヤーのみならず、人気女性キャラクターのヤモト・コキ、ユカノ、そしてナンシー・リー、さらに宿敵のダークニンジャも登場する。
『ニンジャスレイヤー』の世界観が色濃く描かれたこのトレーラーは、アニメ化に期待がかかるものだった。2015年春を心して待ちたい。



『ニンジャスレイヤー』は、twitter発の異色の小説だ。米国のブラッドレー・ボンドとフィリップ・N・モーゼズが発表したものを日本チームが翻訳したうえで配信、さらにそれが書籍としてまとめて刊行している。累計発行部数30万部を超えるヒット作だ。
本作は、近未来都市ネオサイタマを舞台に、ニンジャ抗争で妻子を殺されたサラリーマンのフジキド・ケンジの復讐劇が描かれる。どこか勘違いした日本カルチャーの表現や、独特なセリフ回しで評価を得ている。

今回、アニメビジュアルが初公開となったが、本作の情報はまだ少ない。放送時期やどのような形で本編公開となるかは未定である。引き続き情報を待ちたい。

『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』
http://www.ninjaslayer-animation.com
(c)Ninj@ Entertainment/Ninj@ Conspiracy
《沖本茂義》

編集部おすすめの記事

特集