雨宮天インタビュー-後編-「アカメは最後まで難しかった役」『アカメが斬る!』

インタビュー

放送中のテレビアニメ『アカメが斬る!』のエンディングテーマでもある雨宮天さんのセカンドシングル「月灯り」が発売された。
同作でヒロイン・アカメを演じ、さらにアーティストとしても着実に歩みつつある雨宮さん。インタビュー後編では『アカメが斬る!』のアフレコ現場の様子や最終回放送に向けてお話を伺った。
[取材・構成=川俣綾加]

アニメ『アカメが斬る!』
http://akame.tv/
雨宮天オフィシャルサイト
http://www.amamiyasora.jp/

■ 最終話のアフレコを終えて全力を出し切った

―『月灯り』ではアカメを演じたことがとても大きいとお話していただきましたが、1話から24話まで演じてみて変化はありましたか?

雨宮天さん(以下、雨宮)
アフレコがスタートしてから、アカメという役を演じる難しさはずっと感じていました。淡々としゃべって感情が全く無い役ならある意味わかりやすいですよね。でもアカメは感情がちゃんとある子なのでそうじゃないんです。 アカメの感情が爆発するシーンも物語の後半ではより多くなって、感情を爆発させるにもどこまでやっていいのか、どこまでならアカメの範囲なのかですごく考えました。
最後まで試行錯誤で、セリフを何回も録音して自分で聞いて練習したりと難しさは常にありました。

―最後まで手探りだったんですね。

雨宮
ひと口に戦いといってもその時々で想いも違います。例えば最強の敵であるエスデスと戦う時と、敵だけど自分の妹であるクロメと戦う時は相手に抱いている感情も全然違います。その度にアカメは何を考えているのだろう、どういう気持ちなんだろうと一つ一つ考えていましたね。

fd

―その一つ一つが歌にも生かされている。

雨宮
本当に。『アカメが斬る!』のオープニング・テーマ「Skyreach」から私のアーティスト活動はスタートした上に、役柄と歌がこんなにリンクしてお互いを助けてくれるのだと「月灯り」で学べました。この作品は私にとってすごく大きな存在です。

―先ほど自分でセリフを録音してチェックしているありました。いつも練習は自分で録音して確認し調整していくという感じでしょうか?

雨宮
そうです、スマートフォンで録音して自分で聞いて。スマートフォンには300から400くらいセリフが入っていますね。録音して聞いて「もうちょっとこうしたほうがいいな」とか考えています。
《川俣綾加》

編集部おすすめの記事

特集