凛として時雨、「劇場版 サイコパス」も歌う 新曲「Who What Who What」が主題歌に

ニュース

凛として時雨、「劇場版 サイコパス」も歌う 新曲「Who What Who What」が主題歌に
  • 凛として時雨、「劇場版 サイコパス」も歌う 新曲「Who What Who What」が主題歌に
  • 凛として時雨、「劇場版 サイコパス」も歌う 新曲「Who What Who What」が主題歌に
  • 凛として時雨、「劇場版 サイコパス」も歌う 新曲「Who What Who What」が主題歌に
11月5日シングル「Enigmatic Feeling」をリリースした凛として時雨が、2015年に向けさらにアクティブに活動を続ける。11月21日、凛として時雨が『劇場版PSYCHO-PASS サイコパス』の主題歌を歌うことが決定した。曲のタイトルは「Who What Who What」だ。
凛として時雨は、これまでに2012年のテレビシリーズ『PSYCHO-PASS サイコパス』第1期のオープニングテーマ「abnormalize」、現在放送中の第2期オープニングテーマ「Enigmatic Feeling」も担当している。ふたつのテレビシリーズと劇場版の3作品、全てに関わることになる。

凛として時雨は、TK、345、ピエール中野の3ピースバンド。2002年に結成された。「abnormalize」のヒット後シングルリリースが止まっており、11月の「Enigmatic Feeling」が1年7ヵ月ぶりのシングルとなった。
9月26日にパシフィコ横浜で開催された「PSYCHO-FES サイコフェス」でのライブ演奏が大きな話題を呼んだのは記憶に新しい。その後、リリースされた「Enigmatic Feeling」はオリコンウイークリーチャート8位を獲得した。

「Who What Who What」で『PSYCHO-PASS サイコパス』とは3度目のタイアップになったが、エッジの効いた映像の作風と凛として時雨の音楽観の絶妙なシンクロが重なる理由に違いない。その音楽は、もはや『PSYCHO-PASS サイコパス』に欠かせないピースと言っていいだろう。音楽を聴くためだけにも、是非、劇場に足を向けたいところだ。

また今回は、2015年1月14日にリリースとなるシングル収録内容も発表となっている。パッケージは、デジパック仕様でCDとDVDの2枚組の期間生産限定盤となる。2015年3月末日までの販売だ。
DVDには表題曲のMusic Videoのほか、Xbox One用ゲームソフト『PSYCHO-PASS サイコパス選択なき幸福』用にリエディットされた「abnormalize」の音源を使用したティザー映像も収録される。さらに2014年9月26日にパシフィコ横浜で行われた『PSYCHO-FES サイコフェス』で上映された『PSYCHO-PASS サイコパス 2』のオープニングムービーが収録されるので、アニメファンにも見逃せない。

凛として時雨は、今後も大きなイベントが続く。年内に9mm Parabellum Bulletと大阪フェスティバルホールでの対バンがまず開催される。そして2015年に入るとバンド初のベストアルバムがリリースされる。
勢いに乗る 凛として時雨、2015年の活躍も期待出来そうだ。

アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』
http://psycho-pass.com/
ノイタミナプロジェクト発表会2015
http://noitamina.tv/lineup/2015
ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv198102161
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集