興収51億円突破「るろうに剣心 京都大火編」が早くもBD・DVDリリース

ニュース

2014年8月に公開された映画『るろうに剣心 京都大火編』のBlu-rayとDVDのリリーススケジュールが決定した。発売日は12月17日を予定している。
本作は興行収入51億円超、観客動員数400万人突破、2014年の日本実写作品で興行収入第1位に輝いた大ヒット作である。映画は今年公開された2本の映画『るろうに剣心』の前編にあたる。後編『~伝説の最期編』がまだ上映中でもあるが、早くもソフト化されることになった。

Blu-ray、DVDの豪華版はさまざまな特典が付属し、それが魅力になっている。とりわけ特典映像では全編ヴィジュアルコメンタリーとキャストインタビューを収録したのが売りだ。
さらに初回生産限定で、特製アウターケース、デジパック、シーンセレクトヴィジュアルカードとCUT特別編集のブックレットを封入する。

また今回のソフト化に合わせてキャストとスタッフからコメントも発表されている。主人公・緋村剣心を演じた佐藤健さんは「何度も観てほしい作品ですね。特にアクションに関しては、一回で分かる人がいたら超人ですね。僕たちは0.5秒のシーンのために命を賭けて、何時間もやってきたので、何度でもリピートして楽しんでほしいです」と作品に賭けた熱意を伝える。
大友啓史監督も「とりわけクライマックス、怒涛のアクションの連続は、極上のエンターテイメントならではの興奮をご自宅でも体感していただけると思います。お手元に置いていただき、お気に入りのシーンを、ぜひ何度も繰り返しお楽しみいただけたら光栄です」と自らの想いを語っている。
価格は2枚組のBlu-ray豪華版が6600円、DVD豪華版が5700円だ。1枚組の通常版はBlu-rayが3800円、DVDが2900円(全て税込)。手に届きやすい価格が魅力である。
[高橋克則]

『るろうに剣心 京都大火編』 Blu-ray・DVD
/http://www.amuse-s-e.co.jp/rurouni-kenshin/

《高橋克則》

編集部おすすめの記事

特集