原作の持つ魅力を、『セーラームーンCrystal』キャラクターデザイン・佐光幸恵さんインタビュー

インタビュー

武内直子先生によるコミックス『美少女戦士セーラームーン』の連載開始からちょうど20年目、2012年にひとつのアニメシリーズの制作が発表された。タイトルは『美少女戦士セーラームーンCrystal』。輝きを失わない作品に、同じく輝きを失わない水晶〈Crystal〉の名を冠した本作は、オリジナル要素の多かった前作のTVアニメ『美少女戦士セーラームーン』シリーズ(1992年~1997年)とは一線を画し、原作を改めて描き直す“原点回帰”の話題作だ。
世界中にファンを持つ作品であることから実現されたニコニコ動画などの世界同時配信、そして隔週ごとに送り届けられる新エピソードなど、他のTVシリーズとは放送方法も異なり大きな話題を呼んでいる。

本作の大きなポイントとしては、原作コミックス準拠で物語が進行していくこと、そしてキャラクターのリデザインが行われたことが挙げられる。この度、アニメ!アニメ!では『美少女戦士セーラームーンCrystal』でキャラクターデザインを担当した佐光幸恵さんにインタビューを行った。
[取材・構成:細川洋平]

美少女戦士セーラームーン20周年プロジェクト公式サイト
/http://sailormoon-official.com/animation/

■ まさか自分が関わることになるとは

―アニメ!アニメ!(以下、AA)
今回『セーラームーンCrystal』(以下、『Crystal』)に関わることになった経緯を教えていただけますか。

―佐光幸恵さん(以下、佐光)
2013年6月にキャラクターデザインのオーディションを受けないかというお電話をいただいて、打ち合わせも兼ねて東映アニメーションさんに行きました。それまで原作を読んだことがなかったので、その時に読ませていただきました。
ただ、当時作画監督をやっていた『銀河機攻隊マジェスティックプリンス』がクライマックスのすごく忙しい時期だったので、オーディション用のイラストは睡眠時間を削って何とか仕上げました。

―AA
オーディションでは何を描かれたのでしょうか。

―佐光
セーラームーンの世界観を表すようなポスターを描いてくれということで、サイズ指定も特になかったので、A3の紙にイメージを膨らませて描きました。A3というのは後々の作業との兼ね合いもあってアニメのポスターの作業上の最大サイズとされているんです。

―AA
少しさかのぼりますが、2012年にニコニコ生放送で行われた制作発表というのはご存じでしたか?

―佐光
はい。たまたまタイムシフトで、スーパーバイザーの小佐野(文雄)さんが話しているところだけ見ていて。完全に他人事として、やるんだなあ、って思って見ていました(笑)。
今まで東映アニメーションさんとも、監督の境(宗久)さんともお仕事でご一緒したことがなかったので、まさか自分が関わることになるとは思っていませんでしたね。

fd

■ 原作の絵を可能な限りアニメに

―AA
オーディションを経てキャラクターデザインを務めることになったわけですが、『Crystal』のデザインは、どういった所から取りかかられましたか。

―佐光
「原作の絵を可能な限りアニメにしたい」、ということをオーディションの段階から境さんがおっしゃっていました。そこで、武内先生の描かれた絵をどうしていくのか、という部分に心を砕きました。
漫画は連載を続けていくなかで絵が変化していくものなので、原作ファンの記憶している『セーラームーン』の絵はどのあたりなのかはすごく考えましたね。
ファンも「鮮明な記憶」というよりは、「こんな絵だったな」という印象の方が強く残ってると思うんです。その最大公約数を少しずつ求めていく、という感じです。

境さんから「この絵でやりたい」と言われたのが、完全版※の表紙に描かれた絵です。「武内先生の最新の絵はこれだろう」と話されたものです。今回のキャラクターが、大人っぽいところには、そうした理由もあります。ただ当初はデザインを描いていく中で大人っぽさを追求しすぎて可愛さがなくなってしまって(笑)、可愛さを入れるために何度か描き直しました。
(※『美少女戦士セーラームーン』完全版として、一新された表紙の全10巻シリーズが2013年11月からリリースされた)

―AA
佐光さんご自身がされた初期デザインと、決定したデザインではどういうところに変化がありましたか?

―佐光
まずは顔のバランスですね。今のアニメで主流とされているものとは全く違うバランスで描いているんです。今のキャラクターというのは頭全体(頭頂から顎)の真ん中に目が来るようにデザインされていて、鼻筋が長いんですね。『Crystal』の決定デザインでは、頭の真ん中よりも下の位置に眉毛・目・鼻・口と描いています。
今流行りの絵と同じ感覚で捉えると、一風変わった感じを受けるかも知れませんが、この顔のバランス感覚はとても重要なことだと境さんもお考えだったようです。ここまで辿り着くのにかなり試行錯誤しました。

fd

―AA
本作に当たって、例えば前作のTVシリーズでは少し崩した顔というのもありました。そうしたことも想定されるのでしょうか。

―佐光
打ち合わせでその話も出て、ラフで一回描いてはいます。だけど決定稿までいきませんでした。『Crystal』には必要ないだろうという考えです。
原作を忠実にというコンセプトもありましたし、境さんもそういったシーンを描こうと特別考えていなかったような印象を受けましたので。前作のテレビシリーズのデザインは、やはりギャグも想定されてのデザインだったと思いますので、そこは今回は違うと思います。

前作の印象はやはり強いなと折々で実感しますね。ただ、10月4日に配信された第7話以降、物語は大きく変わってきます。そうしたなかで今回のキャラクターデザインの必然性は理解してもらえるのかなと思っています。

fd

『美少女戦士セーラームーンCrystal』
(C)武内直子・PNP・講談社・東映アニメーション
《細川洋平》

編集部おすすめの記事

特集