舞台「弱虫ペダル」千秋楽ライブビューイング 全国30館+台湾上映を実施

ニュース

原作マンガから、テレビアニメ、劇場アニメ、舞台などと様々なメディアで人気の『弱虫ペダル』の活躍が、さらに広がる。大好評を博している『弱虫ペダル』の舞台版の最新作「箱根学園篇~野獣覚醒~」のステージが、全国の劇場で楽しめる。
11月3日に実施される本公演の千秋楽のライブビューイングが決定した。役者たちの熱気が、身近なスクリーンで楽しめる。舞台版のチケットは発売と同時に即日完売となるためファンにとってはうれしいニュースになりそうだ。

上映劇場は全国30館で、北は北海道から南は福岡、長崎まで。公演の行われる東京・地区でも日本橋、六本木、渋谷、新宿、池袋、府中などで実施される。チケット価格は税込3600円、10月17日よりイープラスにてプレオーダーを開始する。
また今回は国内だけでなく、台湾でもライブビューイングが行われる。作品の海外への人気の広がりを反映したようだ。

「箱根学園篇~野獣覚醒~」は、ライバル校・箱根学園の荒北靖友を中心とした物語になる。言動は荒っぽく攻撃的だが、チームに対する愛は誰よりも熱い。大一番では落車ぎりぎりのライン取りで一気に加速する荒々しい走りを見せる故に”野獣”と称される。そんな彼の隠された一面が見られるかもしれない。

今年3月に一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会が発足したが、協会は2.5次元ミュージカルの海外展開に積極的に取り組んでいる。今回も海外マーケットを意識してのライブビューイングであろう。まずは大スクリーンで体感してもらおうという趣向だ。
現在、劇場上映中の『弱虫ペダル Re:RIDE』は興収1億円を超えるスマッシュヒット、10月からは新しいテレビシリーズ『弱虫ペダル GRANDE ROAD』も始まる。現在も『少年チャンピオン』で連載中、単行本は既刊35巻、累計発行部数は1100万部突破、その人気は衰えない。

舞台『弱虫ペダル』箱根学園篇~野獣覚醒~
/http://www.marv.jp/special/pedal/

舞台『弱虫ペダル』箱根学園篇~野獣覚醒~ライブビューイング上映
日時: 11月3日(月・祝) 17:00~上映開始(予定)
チケット  料金:3,600円(税込)
10月17日(金)10:00~イープラスにてプレオーダー開始

[劇場]
(北海道)
札幌シネマフロンティア
(関東・甲信越)M
OVIX仙台、TOHOシネマズ日本橋、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、TOHOシネマズ渋谷、新宿バルト9、池袋HUMAXシネマズ、TOHOシネマズ府中、TOHOシネマズららぽーと横浜、横浜ブルク13、TOHOシネマズ川崎、TOHOシネマズららぽーと船橋、MOVIXさいたま、MOVIX伊勢崎、TOHOシネマズ宇都宮、TOHOシネマズ水戸内原、T・ジョイ新潟万代、TOHOシネマズ浜松
(中部)
TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、109シネマズ名古屋、TOHOシネマズファボーレ富山
(関西)
TOHOシネマズ梅田、TOHOシネマズなんば、TOHOシネマズ二条、TOHOシネマズ西宮OS
(中国・四国)
TOHOシネマズ岡南、TOHOシネマズ緑井、TOHOシネマズ高知
(九州・沖縄)
TOHOシネマズ天神、TOHOシネマズ長崎
(台湾)未定

舞台『弱虫ペダル』
(c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)2008/弱虫ペダル製作委員会2013
(c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/マーベラス、東宝、ディー・バイ・エル・クリエイション
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集