動員500万人突破、興収70億円、世界57ヵ国・地域で配給決定「STAND BY ME ドラえもん」 | アニメ!アニメ!

動員500万人突破、興収70億円、世界57ヵ国・地域で配給決定「STAND BY ME ドラえもん」

ニュース

8月8日より全国公開中の『STAND BY ME ドラえもん』が公開5週目に入るが、依然、多くのファンが映画館に足を向けている。公開から40日目を迎えた9月16日、動員数が500万人の大台を超えた。また興行収入は70億円を突破、2014年度邦画NO1の記録を更新している。「ドラえもん」の劇場映画としても史上最高となる。いまの子どものファンに加えて、子ども時代に作品に親しんだ大人世代も含めた幅広い層から支持を受けているのがヒットの秘密だ。

8月から快進撃を続けてきた『STAND BY ME ドラえもん』だが、9月になっても衰えをみせない。40日目の動員は529万3090人、興行収入は70億2415万8300円、9月8日までは5週連続週末1位を獲得した。9月13日、14日、15日の3連休も動員31万6511人、興行収入は4億915万4300円と好調だった。
9月19日からは週末2日間に加えて、23日の秋分の日もあり、さらに数字の上乗せも期待出来そうだ。配給側では今後80億円突破を目指して、引き続き上映をしていくという。

日本での大きなヒットは、作品の海外販売も活気づかせているようだ。本作の海外配給が次々に決定している。これまで発表済の21ヵ国地域に加えて、新たに36ヵ国地域での海外配給が決定した。
新たに加わったのは、インド、パキスタン、バングラデッシュなど、アルジェリアやエジプト、イラク、ヨルダン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、イラン、エチオピアなどの西アジアやアフリカ、中近東が中心となっている。合計57ヵ国・地域、バラエティに富んだ国々で配給される。

『STAND BY ME ドラえもん』は、原作者の藤子・F・不二雄生誕80周年を記念して制作された映画だ。これまでの映画『ドラえもん』と異なり、史上初のフルCGアニメとなっている。まるで本当に存在するようなキャラクター、空間づくりが多くの人に驚きを与えている。

『STAND BY MEドラえもん』
/http://doraemon-3d.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「STAND BY MEドラえもん」が興行収入60億円突破 勢い衰えず 画像 「STAND BY MEドラえもん」が興行収入60億円突破 勢い衰えず
  • 「STAND BY MEドラえもん」興収が50億円突破、3週連続1位 国内CGアニメで快挙 画像 「STAND BY MEドラえもん」興収が50億円突破、3週連続1位 国内CGアニメで快挙

特集