神保町に女子の聖地 書泉ブックマートが少女マンガからBLまで“女子向け”全館リニューアル

ニュース

古書店や楽器店、大学など、文化の薫り漂う東京・神保町に、女性のための新名所が誕生しそうだ。神保町などで大型書店を経営する書泉は、神保町の書泉ブックマートを女性向けに特化した店舗に全館リニューアルすることを明らかにした。
神保町の書泉ブックマートは御茶ノ水駅や神保町駅にも近い、駿河台下交差点に位置する。神田・神保町界隈のラウンドマーク的存在だ。ポップカルチャー分野の書籍・雑誌の品揃えに定評がある。もともと少女マンガなどを多数取り扱っており、ニーズの高いこの分野に特化する。

リニューアルオープンは10月4日で、新しい店舗は少女マンガやボーイズラブ(BL)作品などに特化する。少年マンガや青年マンガ並べ、アニメやマンガ好きの女性のニーズを捉える。さらに書籍だけでなく、作品関連グッズやドラマCDなど女子カルチャーに合わせたバラエティ豊かな商品を取り扱う。
リニューアル後のフロア構成は、1階がマンガ、ライトノベルの新刊、雑誌、メディア化作品のコーナー。2階が少女マンガ、少年マンガ、青年マンガ、さらにティーンズラブの作品もここになる。さらに3階はボーイズラブ関連のマンガ、小説、同人誌、ドラマCDが集められる。

そして今回注目されるのが、4Fに新たにオープンするイベントだ。ここでは複製原画展示やサイン会などのイベントを、今後開催していく。新たな文化、情報の窓口になる。コミック文庫やスタジオジブリ関連書籍コーナーも4階だ。
書泉ではリニューアルに合わせてフェアやキャンペーンも企画中とのことで、そうしたことにも4階は活用されそうだ。
その歴史の深さから、やや堅い土地柄ともみられがちな神田・神保町。そこに新たに吹く女子カルチャーの風は、地域に新しい文化を築くかもしれない。

書泉
/http://www.shosen.co.jp/news/2014/09/entry_3080/
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集