ターゲットは20代も 大人のポケモンバトル「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT」2015年稼動予定

ニュース

ターゲットは20代も 大人のポケモンバトル「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT」2015年稼動予定
  • ターゲットは20代も 大人のポケモンバトル「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT」2015年稼動予定
  • ターゲットは20代も 大人のポケモンバトル「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT」2015年稼動予定
  • ターゲットは20代も 大人のポケモンバトル「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT」2015年稼動予定
  • ターゲットは20代も 大人のポケモンバトル「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT」2015年稼動予定
1996年にゲームソフトとして誕生した「ポケットモンスター」は、いまやゲームからアニメやマンガ、キャラクターグッズまで様々な分野に広がっている。日本だけでなく、海を越えて海外でも大人気だ。
誕生から18年経ち、最初の頃にポケットモンスターを愛した子どもたちはすでに大人になっている。ポケットモンスターのグッズが、幅広い層から支持を受けるのも納得だ。

そんな大人のポケモンファンに向けた、新たなゲームが開発中であることが明らかになった。バンダイナムコゲームスは、株式会社ポケモンと協力してアーケード向けのポケモンアクションバトルゲーム『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』を開発中であることを8月26日に発表した。
『ポッ拳』はそのタイトルからも判る様に、バンダイナムコゲームスの人気格闘ゲーム『鉄拳』のノウハウを活かしたアーケード用ゲームとなる。バンダイナムコゲームスと株式会社ポケモンは「ポケモン×鉄拳」を掲げる。バンダイナムコゲームスは、『鉄拳』や『ソウルキャリバー』シリーズでの3Dアクションゲームの経験を本作に活かす。

「鉄拳」シリーズは1994年にスタート、そのファンは20代からさら30代とさらに上の世代に広がる。『ポッ拳』もそうした層が楽しめるゲームになりそうだ。バンダイナムコゲームスは、本格的なやりごたえのあるゲームに仕上げ、子供だけでなく、20代のポケモンファンにも楽しんもらえるゲームとしている。
そのうえで「誰も見たことのない『ポケットモンスター』のゲームを世に送り出す」のが目的とするが、今回初公開されたスクリーンショットは、まさにその言葉どおりである。等身も高く、よりリアル感の増したルカリオとカイリキーが対峙し、新たな戦を感じさせる。ポケモン達が、プレーヤーの思いのままに生き生きと動いて技を繰り出すことになる。ピカチュウを初めとする他の人気ポケモンも気になるところだ。
稼動開始は2015年とのこと。今後のさらなる情報から目が離せない。

『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』
アーケード用ビデオゲーム
稼働開始日: 2015年予定

株式会社ポケモン 石原恒和氏コメント
「ポケモンはこれまでも様々なタイプのゲームに挑戦してきましたが、このゲームはまだ誰も体験したことのない、新しいポケモンゲームです。
自分が思ったことに対して、ダイレクトに、完璧に反応して動くポケモン達。
3D のアクションゲームを突き詰めて来られたバンダイナムコゲームスさんとタッグを組むことにより、それが実現できました。
ポケモンファンなら誰もが触ってみたくなる、圧倒的に新鮮な体験となるはずです。
格闘ゲームや対戦アクションゲームをやったことのない方でも、触るだけで「すごい!」と感動することができる。そんなゲームを目指しています。」

株式会社バンダイナムコゲームス 原田勝弘氏コメント
「『鉄拳』は、プレーヤーがキャラクターを極限まで自在に扱いながら駆け引きができるよう設計されており、現在の弊社キャラクターアクション・アニメーションシステムの礎を築いたタイトルでもあります。
キャラクターを動かす際のプレーヤーとの一体感、技を当てた時の壮快さ、喰らった時の痛み。そういったゲームとしてのフィーリングを突き詰める中で培われてきた、「鉄拳イズム」ともいうべきノウハウが、本作のポケモンアクションにも生かされています。
「対戦格闘ゲーム」というジャンルは、ある種先鋭化された、コアな遊びというイメージを持つ方も多いかと思いますが、元来このジャンルは幅広い層に親しまれてきたジャンルです。
特に今回の『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』は、「対戦格闘」というよりは「対戦アクション」ゲームとして、アクションゲーム・対戦ゲームの原点に立ち返り、「幅広い層に遊んでもらえるゲーム」として開発しています。
「ポケモンだからやってみようかな」というような気軽さで遊ぶことができる。そして非常に新鮮な体験ができる。そんな遊び方ができることを、とても大事にしています。
ポケモンの新しい体験に、ぜひご期待ください。」

株式会社バンダイナムコスタジオ 星野正昭氏コメント
「実は、自分は社内でもポケモンの事ならば右に出るものはいない第一人者と自負していました。今回のプロジェクトの話を聞いた時には、自分が一番の適任者と思いましたし、とうとう自分がこれを作る時が来たか、と感じました。
『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』では 60fps でのスムーズでダイナミックなアクションはもちろんのこと、グラフィックには特に力を入れていて、「実際の世界にポケモンがいたらどんな感じだろうか?」ということを突き詰めて考え、ポケモンの毛や筋肉、そしてポケモン達が暮らす世界の風景まで、想像を膨らませながら制作しています。
全てのポケモンファンが楽しめて、やればやるほど奥が深い、そんなゲームにしていきます。最高のスタッフによる最先端の技術で描かれた、今まで見たことがない新しいポケモンの世界に是非ご期待下さい。

『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』
(C)Pokemon.
(C)Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
(C)BANDAI NAMCO Games Inc.
《animeanime》

編集部おすすめのニュース

特集