佐藤健さんインタビュー「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」“エネルギーに溢れた革命的な日本映画”

インタビュー

世界的ヒットを記録した第1作目「るろうに剣心」から2年。8月1日より「るろうに剣心 京都大火編」、9月13日より「るろうに剣心 伝説の最期編」が劇場公開される。
過去に緋村剣心から“影の人斬り役”を引き継いだ志々雄真実がクーデターを企てていると明治政府から協力を仰がれた剣心。最狂の敵に「不殺(ころさず)の誓い」を破らず立ち向かうことができるのか――。
激しいソードアクションはもちろんドラマ展開も魅力が増した本作について、主人公・剣心を演じる佐藤健さんに撮影の裏話や、作品への想いについてお話いただいた。
[取材・構成=川俣綾加]

『るろうに剣心 京都大火編』  8月1日(金)全国ロードショー
『るろうに剣心 伝説の最期編』  9月13日(土)全国ロードショー 
/ http://www.rurouni-kenshin.jp

■ 「日本映画の歴史が変わる」は大げさじゃない

―アニメ!アニメ!(以下、AA)
『るろうに剣心』を知ったのはいつですか?

―佐藤健さん(以下、佐藤)
僕が小学校低学年の時にアニメが放送されていて毎週見ていました。あの頃は剣心の戦闘シーンがかっこよくて、いつもそこに純粋にワクワクしていて。大人になって改めて原作を読み返すと、剣心って剣の腕が立つだけでなく人間としてすごく正しいことを言ってるのだと気づかされました。すごく深いと感じましたね。
原作も大好きなので、マンガもアニメももう一度全部見返して、映画の台本で「このシーン、なんだかしっくりこないなもっと良くなるはず」と感じたら原作から台詞のアイデアを頂戴し台本に加えてもらったりと、原作も意識しながら進めました。

―AA
佐藤さんが選んだ原作の台詞が、映画でも使われている、ということでしょうか。

abesan―佐藤
「伝説の最期編」は原作がとても長いので、オリジナルストーリーの要素が強いんです。そうすると原作の台詞そのままではあてはまらなくなってくる。そうなった時が難しくて、原作には無い台詞だけど、きっと剣心だったらこう言うだろうという言葉を僕なりに想像して、大友啓史監督に「こういう感じの台詞、どうですか?」と提案しました。

―AA
「人斬り抜刀斎」の過去と「不殺の誓い」を立てた現在。今回の映画ではこの2つの面で、今作は剣心の内面がとても揺れています。アクションはもちろん、ドラマ部分もパワーアップしていますね。

―佐藤
剣心の揺れ具合はすごく意識しました。というのも、前作では剣心がガラッと豹変してしまう部分にカタルシスを作りたかったんです。前半はできるだけ「おろおろ」して、強く見せすぎないように抑えに抑える。そして、吉川晃司さん演じる刃衛との一騎打ちのシーンで爆発する。この二面性をいかに大きく出せるかが、前作で僕が剣心を演じる上でのテーマでした。
今回は演じている僕でさえも、剣心がどっちのモードなのかわからないまま突き進んでいます。僕も剣心も、今自分が「人斬り抜刀斎」なのか、「不殺の誓い」を立てた自分なのか考える余裕もなく、ひたすら前に進む。そこが面白くなればいいなと思いっています。

―AA
瀬田宗次郎役の神木隆之介さんが、宗次郎に決まる前から役作りをしていて、それを佐藤さんに披露していたと以前のインタビューで伺っています。神木さんが宗次郎に決まった時のお気持ちは?

―佐藤
ホッとしましたよ! 本当に(笑)。まだ続編をやるかもわからない時の話でしたからね。「続編やらないかもよ?」と言ったら「いや、絶対やるでしょ!」とノリノリで縮地してました。マネージャーのデスクにそっとるろ剣の資料を置いてアピールしたりしていて。
もちろん続編が作られることになってリュウ(神木さん)が宗次郎に決まったら素敵だけど、僕はそこまでしてリュウに決まらなかったら……と想像して恐ろしかったです。「もし決まらなかったら一体どんな顔をするんだアイツは!」って、もう僕のほうが不安だらけでしたよ。宗次郎役がリュウに決まって本当によかったです。

fd


(C) 和月伸宏/集英社 (C) 2014「るろうに剣心 京都大火/伝説の最期」製作委員会
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集