新海誠展 静岡県三島で開催 4作品の制作資料や映像、世界観を紹介 | アニメ!アニメ!

新海誠展 静岡県三島で開催 4作品の制作資料や映像、世界観を紹介

ニュース

数々の映像作品で、多くのファンの心を揺さぶってきた新海誠監督の作品世界を紹介する展覧会が静岡県三島で開催される。6月28日から当地にある大岡信ことば館で、「新海誠展 ―きみはこの世界の、はんぶん。―」がスタートする。
新海監督の制作の様子や作品を通してのメッセージを、ことばの造形とともに伝える。本展覧会のために準備したメイキング映像などもあり、たっぷりな内容の展覧会となる。

大岡信ことば館は、株式会社Z会が運営している。新海誠監督は今年2月に公開されたZ会の受験生応援CM『クロスロード』を制作している。『クロスロード』のリリーズ後の反響は大きく、10代の若者だけでなく、世代を超えた多くの人の共感を得た。
Z会グループは、これまで大岡信ことば館で詩人の大岡信の精神に基づいた「ことば」の可能性を探ってきた。そこでアニメーション世界での新たな「ことば」の発信者として新海誠監督に注目、展覧会開催につながった。

展覧会では『クロスロード』に加えて、自主制作として発表された初期の代表作『彼女と彼女の猫』、ファンからとりわけ人気が高い『秒速5センチメートル』、そして2013年に公開され大きな反響を巻き起こした『言の葉の庭』の4作品にスポットを当てる。
会場は作品ごとに4つのコーナーを設け、絵コンテや原画などを紹介する。さらに映像画面のレイヤー構造を立体的に展示する。作品の創作過程を知る機会になるに違いない。また、展覧会のために描き下ろしたポスターのメイキング映像も上映する。
さらに作中の印象的なセリフや『クロスロード』主題歌の歌詞を造形的に展示するなど、新海作品のなかの「ことば」に着目する。『言の葉の庭』で主人公・タカオがデザインした靴や『秒速5センチメートル』の作中で明里が貴樹へ送った手紙の元になったものなどもあり、ファンには堪らない空間となるだろう。

会場となる大岡信ことば館は、三島市と首都圏、関西圏などからはやや遠く感じるが、JR東海道本線、東海道新幹線の三島駅の駅から1分ほどと便利な立地だ。週末に足を延ばしてみるのもいいだろう。
会期は2014年6月28日から10月19日まで、開館時間は10時から18時、月曜日は休館となる。(ただし祝日の場合は開館し、翌日休館)入館料は大人1000円、大学生750円、小中高校生500円など、詳しくは大岡信ことば館のサイトで確認出来る。

「新海誠展 -きみはこの世界の、はんぶん。-」
会期: 2014年6月28日(土)~2014年10月19日(日)
開催場所: 大岡信ことば館
/http://kotobakan.jp/
*詳細は上記サイトで確認ください。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 新海誠監督、受験生を応援、新作映像「クロスロード」でZ会とコラボレーション 画像 新海誠監督、受験生を応援、新作映像「クロスロード」でZ会とコラボレーション
  • Z会CM「クロスロード」 やなぎなぎの主題歌をシングルに収録 作詞は新海誠 画像 Z会CM「クロスロード」 やなぎなぎの主題歌をシングルに収録 作詞は新海誠

特集