島本和彦原作「アオイホノオ」TVドラマ化 主人公・焔モユルはカンヌ映画最優秀男優賞の柳楽優弥

ニュース アニメ

マンガ家・島本和彦さんの代表作『アオイホノオ』が、実写テレビドラマになる。2014年7月よりテレビ東京系の「ドラマ24」枠での連続ドラマとして放送される。
監督は「勇者ヨシヒコ」シリーズや「THE3名様」シリーズ、映画『HK変態仮面』といった個性豊かな話題作を次々に世に送り出す福田雄一を起用する。さらに福田監督は脚本も担当する。マンガ界の鬼才と映像界の鬼才のコラボレーションに期待だ。

また、多くの注目を浴びそうなのが、主演の柳楽優弥さんだろう。柳楽さんは14歳の時に、第57回カンヌ国際映画祭にて最優秀男優賞を受賞した才能だ。それが今回は、島本和彦さんを反映したとみられる主人公・焔モユルを演じる。
大作家芸術大学映像計画学科に通う1回生の焔モユルはマンガ家を目指しつつ、アニメーターにも心を惹かれているという役どころ。島本マンガの主人公の多くがそうであるように、時に暑苦しいぐらいの熱血だ。柳楽さんがこれをどう表現するか、ファンには気になるところだ。

島本和彦さんは大阪芸術大学芸術学部出身、1982年にデビューした。『炎の転校生』、『逆境ナイン』、『吼えろペン』などの代表作がある。アニメイトのキャラクター「アニメ店長」でもお馴染みである。
太い線と勢いのある絵柄とストーリーが特徴ともなっている。またマンガやアニメなどの業界関係者にとりわけ人気が高いことで知られている。
『アオイホノオ』は、そんな島本さんが自身の体験をもとにマンガ、アニメを目指す若者を描くという渾身の作品である。作中には、同じ大学出身のアニメ監督やプロデューサーを彷彿させるキャラクターも多数登場し、80年代のアニメ・マンガ業界を目指す青春が存分に描かれる。

「ドラマ24」枠は、金曜日深夜に個性世手佳奈ドラマを届ける。2005年にスタート、数々のヒット作を生み出している。映画化もされた『モテキ』、「勇者ヨシヒコ」シリーズ、最近では『なぞの転校生』などがある。
そうしたなかで『アオイホノオ』は、マンガファンやアニメファンの視聴も期待出来る話題作になりそうだ。

ドラマ24『アオイホノオ』
2014年7月放送開始
/http://www.tv-tokyo.co.jp/official/aoihonoo/
《animeanime》

関連ニュース

特集