雑誌「MOE」がムーミンの公式ガイド トーベ・ヤンソン生誕100周年記念

ニュース

2014年は児童文学「ムーミン」シリーズの生みの親、トーベ・ヤンソンの生誕から100周年にあたる。これを記念してムック雑誌「MOE」は、4月11日に「MOE×ムーミンの公式ガイド」を発売する。
白泉社の月刊「MOE」は、絵本やキャラクターなどのアート・エンターテインメントをビジュアル豊かに届ける情報誌だ。これまでに数々のムーミン特集を組み、定評がある。

「MOE×ムーミンの公式ガイド」には、過去のこうした貴重なムーミン特集を再する。加え、新たにフィンランド現地取材した編集記事などがたっぷりだ。
生前にトーベ・ヤンソンが来日した際のインタビュアーは、『魔女の宅急便』の角野栄子さんが担当しているまど読みどころが多い。

このほかムーミン谷や舞台となったフィンランドの紹介、トーベ・ヤンソンの略年譜、「MOE」と『ムーミン』の24年と、永久保存版にしたい96ページ。さらに2大とじこみ付録として、ムーミン屋敷が作れるペーパークラフトと、ムーミンママのバッグ型ノートをつける。版型はA4判変型で、価格は1480円(税抜)となっている。
[真狩祐志]



月刊「MOE」
/http://www.moe-web.jp/
《animeanime》

編集部おすすめの記事

特集