「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」 2015年春イベント上映スタート まずシャア・セイラ編全4話 | アニメ!アニメ!

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」 2015年春イベント上映スタート まずシャア・セイラ編全4話

イベント・レポート

2014年3月20日、東京お台場で、「機動戦士ガンダム」の35周年プロジェクトの発表記者会見が行われた。会見の目玉は、35周年のタイミングで重なった新作アニメ3本、それに展覧会、関連プロジェクトだ。
新作アニメと発表されたうちのひとつが、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』である。本作は2011年にアニメ化発表はされてきたが、アニメのスタイル、公開時期、スタッフなどは明らかにされてなかった。こそれがこの場で、発表された。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は、『機動船戦士ガンダム』のキャラクターデザイン、アニメーションディレクターであった安彦良和さんが、アニメを再解釈、再構築して、2001年より2011年までマンガとして描いた。原作が膨大なことから、かなり長期間にわたり映像化されることになる。
今回はシャア・アズナブルとセイラ・マスを軸にしたシャア・セイラ編の全4話とする。スペースノイドの指導者であった父ジオン・ダイクンの死がもたらした2人の兄妹の流転の物語だ。
まず、2015年春に『機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル』がイベント上映される。これまでヒットを重ねてきた『機動戦士ガンダムUC』と同様のリリース形態を取る。

シリーズが『ガンダムUC』と同様半年に1作のペースで制作されれば、約2年で完結する。しかし、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は、このほか始動編、激闘編、ガルマ編、ランバ・ラル編、ジャブロー編、開戦編、ルウム編、オデッサ編、ララァ編、ソロモン編、ひかる宇宙編、めぐりあい宇宙編とあるから、全編を映像かすれば、かなりの年月になる。
記者会見でサンライズの宮河恭夫副社長は、ガンダムを35年でなく100年もつ作品にしたいと述べたが、文字どおり息長く取り組む様子が窺えた。
情報はまだまだ少ないが、3月20日には公式サイトもオープンした。今後はここから情報が届けられることになりそうだ。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』
/http://www.gundam-the-origin.net/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」 出版社を変え米国で再出発 画像 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」 出版社を変え米国で再出発
  • 第43回星雲賞 メディア部門「まど☆マギ」、コミック部門「ガンダム THE ORIGIN」など8部門決定 画像 第43回星雲賞 メディア部門「まど☆マギ」、コミック部門「ガンダム THE ORIGIN」など8部門決定

特集