手塚治虫文化賞、第18回ノミネート10作品決まる 「3月のライオン」が3年連続候補入り

ニュース マンガ

朝日新聞社は3月4日に、第18回手塚治虫文化賞の候補作品を発表している。同賞は、過去1年間に単行本として発刊されたマンガから日本のマンガ文化の発展、向上に大きな役割を果たした作品を大賞、新生賞、短編賞として選出する。
このうちマンガ大賞は、年間を通じて最も優れた作品に贈られる。今回の候補作品は、この審査対象となる。専門家や書店などによる推薦を参考に、8人の社外選考委員が持ち点方式で投票、その上位10作品である。

今年の特徴は、これまでにも候補に挙がった作品が半数を占めたことだ。『I 【アイ】』(いがらしみきお)、『銀の匙Silver Spoon』(荒川弘)、『3月のライオン』(羽海野チカ)、『羊の木』(原作 山上たつひこ 作画 いがらしみきお)は昨年に引き続きノミネートされた。これらの作品は前回の一次選考の投票で上位4つを占めていた。昨年に引き続き高い評価を受けたことになる。
とりわけ『3月のライオン』は、3年連続の候補作品となった。とりわけ昨年は一次選考の得点ではトップだけに、今回の行方が気になる。
2013年に一大ブームを巻き起こした『進撃の巨人』(諫山創)は2年ぶり2度目の候補入りとなった。このほか『愛…しりそめし頃に…』(藤子不二雄A)、『失恋ショコラティエ』(水城せとな)、『どうぶつの国』(雷句誠)、『町でうわさの天狗の子』(岩本ナオ)、『みつあみの神様』(今日マチ子)である。いずれもすでに高い評価を受けているが、未読であればこれを機会に単行本に手を伸ばすのもいいだろう。

候補作品から、今後選考委員により、新生賞、短編賞、特別賞と共に、マンガ大賞が決められる。また、今回は特別企画として、読者投票による読者賞も設けられた。
いずれも結果は3月下旬の朝日新聞紙上で発表される。贈呈式は5月30日を予定している。

手塚治虫文化賞
/http://www.asahi.com/shimbun/award/tezuka/

「マンガ大賞」最終候補作品

『I 【アイ】』  いがらしみきお
『愛…しりそめし頃に…』  藤子不二雄A
『銀の匙Silver Spoon』   荒川弘
『3月のライオン』  羽海野チカ
『失恋ショコラティエ』  水城せとな
『進撃の巨人』  諫山創
『どうぶつの国』 雷句誠
『羊の木』  原作 山上たつひこ 作画 いがらしみきお
『町でうわさの天狗の子』  岩本ナオ
『みつあみの神様』  今日マチ子
《animeanime》

関連ニュース

特集