「劇場版 あの花」 米国・カナダ・メキシコの83館で劇場公開決定

ニュース 海外

8月31日に全国公開し、興収10億円超えの大ヒットを記録した『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が、北米の劇場に進出する。本作の米国、カナダ、メキシコの3ヵ国での公開が決定した。
海外で人気の高い日本アニメだが、こと劇場公開となると敷居が高い。日本で人気の高いアニメ映画も、Blu-rayやDVDの映像ソフトの発売、もしくは配信だけのケースが多い。今回の『劇場版 あの花』の公開は日本でのヒットを受けてのものだが、そうした壁を超えるものだ。

上映館は、現在までで米国28館、カナダ35館、さらにメキシコ20館の合計83館の公開を予定している。米国、カナダに加えて、日本アニメの公開が稀なメキシコでの公開が特に注目される。
現地の日本アニメファンにとっては、大スクリーンで鑑賞できる数少ないチャンスになる。その反応も気になるところだ。

今回の配給について製作は、日本のテレビアニメが日本の放映と同時に世界配信され、深夜アニメの認知が高まっていることを理由に挙げる。2012年、2013年に『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』の北米が大きな成功を収めたことが、さらに後押しをした。
『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』、『劇場版あの花』との継続した試みが、今後さらに別の作品へとつながることが期待される。

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
/http://www.anohana.jp/
《animeanime》

関連ニュース

特集