「劇場版 あの花」早くも興収5億円突破 公開から12日目に達成

ニュース 映画/ドラマ

8月31日に全国公開した『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が、記録的な興収を続けている。全国64館でスタートしたが、公開直後より劇場に多くのファンが足を向け、大ヒットになっている。
公開から12日目を迎えた9月11日には、早くも全国興収が5億497万3100円となり、5億円の大台を突破した。動員数は38万4329人だ。小規模な公開としては異例の数字を叩き出している。

本作は公開直後の週末に、まず宮崎駿監督の最新作『風立ちぬ』(配給:東宝/454館)、『マン・オブ・スティール』(配給:ワーナー・ブラザース映画/610館)の大作に続き、3位で初登場した。8月31日(土)、9月1日(日)の2日間で動員数は16万1225人、興行収入は1億9817万7700円、館アベレージは309万6527円だった。
公開2週目も、その勢いを持続している。2週目週末ランキングは、1位『風立ちぬ』、2位『キャプテンハーロック』、3位『マン・オブ・スティール』に続き4位、引き続き上位にランキングされた。館アベレージも168万6188円と1位をキープする。
泣ける映画として話題の「あの花」現象が続く。配給では、今後もさらに高い数字を見込む。どこまで記録を伸ばすか、注目だ。

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
配給: アニプレックス
/http://www.anohana.jp
《animeanime》

関連ニュース

特集