愛媛県製作のアニメ「マッツとヤンマとモブリさん」 観光客向けアプリ「松山カメラ」を配信

ニュース ウェブ/スマホ/モバイル

愛媛県松山市が製作したオリジナルアニメ『マッツとヤンマとモブリさん-七つの秘宝と空飛ぶお城-』は、10月2日より公式ホームページやYouTubeにて公開されている。
11月14日からは、さらに新たな企画が始まった。本作のキャラクターを使用したスマートフォンアプリ「松山カメラ」の配信がスタートした。実際に松山市内を訪れる観光客向けに制作されたAR(拡張現実)アプリとなっている。

「松山カメラ」は、松山市内のスポットでスマートフォンをかざすとキャラクターが出現するアプリケーションである。AR技術により、キャラクターが駆け巡る様子が、実際の風景と重なり合って見ることができる。
スポットはアニメに登場する全13カ所となる。またキャラクターと一緒に記念撮影を楽しめる機能も用意された。作品の舞台を訪れる聖地巡礼の際には入手しておきたいアプリと言えるだろう。
松山市は「オリジナルアニメーションをぜひご覧いただき、松山を訪ねてみたいと思っていただけるとありがたい。松山旅行の思い出づくりになるアプリなので、楽しんでもらえると嬉しい」とアプリに期待を寄せている。価格は無料、推奨OSはiOS6以降もしくはAndroid2.3以上となっている。

『マッツとヤンマとモブリさん-七つの秘宝と空飛ぶお城-』は松山市の魅力を全国に発信する目的で製作された作品だ。公開から1ヶ月間で7万を超える再生回数を記録し、「地方自治体が制作したアニメとは思えない高いクオリティだ!」等の高い評価が寄せられた。
愛媛県出身の人気声優・水樹奈々さんや、松山市出身のお笑い芸人・友近さんがアフレコに協力したことも話題を集めている。制作は映画『海猿』や『ALWAYS 三丁目の夕日』などを手掛けた映像制作会社のロボットが担当した。
[高橋克則]

『マッツとヤンマとモブリさん-七つの秘宝と空飛ぶお城-』
/http://www.dandanmatsuyama.jp/

「松山カメラ」
/http://www.dandanmatsuyama.jp/camera/

配布開始日: 2013年11月14日(木)
推奨OS: iOS6以降 / Android2.3以上
ダウンロード: 無料
《高橋克則》

関連ニュース

特集