「劇場版 あの花」週末興収第3位で好調スタート 2日間64館で2億円

ニュース 映画/ドラマ

8月31日に全国64館でスタートした話題の映画『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(『劇場版 あの花』)が、驚異的なスタートを切った。8月31日、9月1日の2日間の週末興行ランキングで、全作品中第3位となった。
トップになったのは興行収入88億円を超え7週連続1位を確保した『風立ちぬ』、そして金曜日から全国超拡大公開スタート、金曜日から日曜日まで3日間を集計した『マン・オブ・スティール』である。いずれも大ヒットを狙う作品だ。

『劇場版 あの花』は劇場数が64館の小規模公開ながら、テレビシリーズと同様に熱心なファンに支持され劇場を満員にした。8月31日、9月1日の2日間の観客動員数は16万1225人、そして興行収入は1億9817万7700円である。およそ2億円にも達した。
この結果は劇場の高稼働に支えられている。旗艦館の新宿バルト9で満員の回が続出したほか、各地で劇場が満員となった。一館あたりの売上げを示す館アベレージは309万6527円と驚異的な数字で他の作品を引き離した。
配給は、今後はリピーターも、口コミも期待出来るとしている。最終興行収入は、大ヒットの目安とされている10億円が視野に入ったと強気だ。

また、ヒットの理由として、20代からシニア層までの幅広い層からの支持を挙げる。新宿では客層は男性7割、女性3割と女性からも一定の人気となっている。来場者の中心は20代~30代だが40代も多く、グループでの来場が目立つのが特徴となった。
また各地ではシニア層の男性、女性の一人客も多かった。“大人が泣けるアニメ”との話題が広がっているようだ。ヒットの波がどこまで広がるか、今後も期待される。

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
/http://www.anohana.jp/
《animeanime》

関連ニュース

特集