映画「魔女の宅急便」 キキのお母さんは宮沢りえ、お父さんは筒井道隆

ニュース 映画/ドラマ

2014年春の注目映画が早くも動き出している。角野栄子さんのベストセラー児童小説『魔女の宅急便』が、実写映画化され全国公開される。
原作は1980年代から発表された全6巻のファンタジーで、魔女の少女である主人公・キキの成長を描く。長年多くの読者に愛されてきただけでなく、1989年に宮崎駿監督によるアニメ映画化作品が大ヒットになっている。それでお馴染みの人も多いだろう。

今回の映画化は、その劇場アニメから25年ぶりの映像化になる。しかも実写だけに注目も大きい。実写となると注目されるのは、キャラクターを演じる役者だ。
今回、主人公キキには、16歳の小芝風花が大抜擢をされ大きな話題を呼んだ。キキを演じた可愛らしいビジュアルも公開されている。本から抜け出したようなキキが期待されている。

さらに6月29日には、さらにキキの母親・コキリ役、父親・オキノ役が発表された。コキリ役は、宮沢りえが演じる。また、オキノ役は筒井道隆が演じる。いずれも日本を代表する役者となった。芸達者なふたりだけに、本作の出来栄えもかなり期待していいだろう。
宮沢りえはコキリ役について、「女と言っても西洋のおどろおどろしい感じとはちょっと違うと思うんですよね」と語る。また、小柴さんについては「いろんな事をちゃんと見えてる女の子」、「人間としてのキラキラした力を活している」、「キキをやるにあたっては本当にぴったりの女の子」と話した。映画の見所には、1人の少女が成長して行く姿がとてもリアリティがあって描かれているとする。

映画では、キキが一人前の魔女になるために13歳のある満月の夜に修行へと旅立つまでの期間が描かれる。アニメ映画にとってはストーリーが始まる直前までのエピソードである。原作、アニメ映画、本作と併せると楽しさも倍増する。
キャスト発表にあたっては、カットが3点公開された、キキとコキリが実家で暮らしている様子、コキリが魔法で薬を調合しているところである。いずれも今後の映画を盛り上げる気になるものだ。

映画『魔女の宅急便』
2014年 来春全国ロードショー
/http://www.majotaku.jp/

原作: 角野栄子 『 魔女の宅急便 (全6巻) 』/福音館書店刊 角川文庫刊 
脚本: 奥寺佐渡子、清水崇 
監督: 清水崇
主演: 小芝風花
《animeanime》

関連ニュース

特集