上橋菜穂子原作「獣の奏者」アニメ化決定 1月からNHKで

ニュース アニメ

 人気作家上橋菜穂子さんのファンタジー小説『獣の奏者』(講談社刊)が、テレビアニメ化されることが明らかになった。平成21年1月10日より、NHK教育テレビで毎週土曜日18時25分から50分まで、放映される。
 『獣の奏者』は、2006年に1巻闘蛇編と2巻王獣編として刊行された。異世界の王国を舞台に、崇高な獣である王獣を操る主人公の少女エリンを中心に物語が展開する大型小説である。『精霊の守り人』などで知られる上橋さんの代表作である。

 毎週土曜日のNHK教育テレビの6時半頃から7時頃までの時間は、子供向けのテレビアニメシリーズの放映枠として利用されている。これまでにも『メジャー』や『ツバサ・クロニクル』、『電脳コイル』といった人気作品、話題作が登場している。
 現在は今年6月より『テレパシー少女 蘭』が放映されており、『獣の奏者』はその後番組になる。しかし、これまでの作品の多くが2クール(半年)のシリーズであったのに対して、今回は全50回、一年間放映とこれまでにも増して作品に大きな意気込みが感じられる。

 上橋菜穂子さんの作品のアニメ化は、同じくNHKで放映され話題を呼んだ『精霊の守り人』に続くものである。また、アニメーション制作も、『精霊の守り人』と同じくプロダクションI.Gと、それにトランス・アーツが行う。
 監督は『テニスの王子様』、『図書館戦争』の浜名孝行さん、キャラクターデザインに『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』、『精霊の守り人』の後藤隆幸さん、シリーズ構成は『BLOOD+』の藤咲淳一さん、音楽は坂本昌之さんが行う。
 NHKはこれまでにも『十二国記』や『彩雲国物語』といった長編ファンタジーのアニメを得意としている。大作シリーズ『獣の奏者』にも期待が高まる。

講談社 /http://shop.kodansha.jp/
  獣の奏者 /http://shop.kodansha.jp/bc/books/topics/kemono/index.html
NHKアニメワールド /http://www3.nhk.or.jp/anime/
《animeanime》

特集