「パシフィック・リム」 声優陣に古谷徹、池田秀一、林原めぐみ、三ツ矢雄二ら発表 | アニメ!アニメ!

「パシフィック・リム」 声優陣に古谷徹、池田秀一、林原めぐみ、三ツ矢雄二ら発表

ニュース 映画/ドラマ

8 月 9 日公開に全国公開となる、ハリウッドの超大作『パシフィック・リム』の声優陣が明らかになった。声優では、先日、チャーリー・ハナムが演じる主人公・ローリー・ベケット役を人気の実力派声優杉田智和が担当することが発表され、大きな話題を呼んだばかりだ。
しかし、今回は公表された他の吹替え声優も、これに匹敵する大物ばかりとなった。日本を代表する声優が集結した超豪華な出演陣となっている。

菊地凛子さん演じるマコ・モリ役に林原めぐみをはじめ、玄田哲章、古谷徹、三ツ矢雄二、池田秀一、千葉繁、浪川大輔という顔ぶれだ。声優ファン、アニメファンでなくても、その名前を知っている人は多いだろう。
林原めぐみは『新世紀エヴァンゲリオン』綾波レイ役で、玄田哲章はA・シュワルツネッガー日本語吹替・『機動戦士ガンダム』のスレッガー中尉役、古谷徹は『機動戦士ガンダム』アムロ役・『巨人の星』星飛雄馬役、池田秀一は『機動戦士ガンダム』シャア役などでお馴染みだ。今回ガンダムのアムロ役とシャア役が共演するのも見どころだ。
三ツ矢雄二は『タッチ』上杉達也役で有名だが、近年ではバラエティ番組でもお馴染みの顔になっている。千葉繁は声優のなかでも指折りの芸達者で知られる。浪川大輔は『君に届け』風早翔太役、洋画でも「スター・ウォーズ」シリーズのアナキン・スカイウォーカー役などで活躍する。

近年はハリウッド大作映画の吹き替えでは、新鮮さなどを狙い俳優や女優、タレントを起用するケースも多い。しかし、『パシフィック・リム』では、声優の経験が深い役者を中心に吹き替え陣を組んだことが目を惹く。大物声優の共演が、作品にさらに彩りを与えることになりそうだ。

映画『パシフィック・リム』は、太平洋の深海から突如出現した巨大生命体と、人類の英知を結集し生み出された人型巨大兵器「イェーガー」の壮絶な戦いを描いたSFスペクタクルだ。日本の特撮やアニメも敬愛するギレルモ・デル・トロ監督が指揮を執り、2億ドル超の予算を注ぎ込んだ超大作である。
ハリウッド最先端の VFX を駆使した映像とアクションシーンもみどこになる。日本から菊地凛子、芦田愛菜ら起用されているのも話題だ。

『パシフィック・リム』日本語吹替キャスト
■ローリー・ベケット(チャーリー・ハナム)
杉田智和
■マコ・モリ(菊地凛子)
林原めぐみ
■スタッカー・ペントコスト(イドリス・エルバ)
玄田哲章
■Dr.ニュート・ゲイズラー(チャーリー・デイ)
古谷徹
■Dr.ハーマン・ゴッドリーブ
三ツ矢雄二
■ハーク・ハンセン(マックス・マーティーニ)
池田秀一
■テンドー・チョイ
千葉繁
■チャック・ハンセン(ロブ・カジンスキー)
浪川大輔

『パシフィック・リム』
2013年8月9日(金)新宿ピカデリー 丸の内ピカデリー他 3D/2D同時公開
配給: ワーナー・ブラザース映画
/http://pacificrim.jp
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 「パシフィック・リム」 主人公・吹き替えに杉田智和さん決定 人型巨大兵器で巨大怪獣と闘う 画像 「パシフィック・リム」 主人公・吹き替えに杉田智和さん決定 人型巨大兵器で巨大怪獣と闘う
  • 人型巨大兵器イェーガーが東京に立つ 「パシフィック・リム」日本限定ポスター公開 画像 人型巨大兵器イェーガーが東京に立つ 「パシフィック・リム」日本限定ポスター公開

特集