週刊少年ジャンプのテーマパーク”J-WORLD TOKYO” オープンは7月11日に決定 | アニメ!アニメ!

週刊少年ジャンプのテーマパーク”J-WORLD TOKYO” オープンは7月11日に決定

ニュース 話題

「週刊少年ジャンプ」(集英社)に登場する作品やキャラクターをテーマにした屋内型テーマパーク“J-WORLD TOKYO(ジェイワールド東京)”のグランドオープン日が決定した。2013年7月11日に、東京・池袋のワールドインポートマート3階に姿を見せる。
また、この決定に合わせて、アトラクションの内容や営業時間、料金なども発表された。夏休みに向けたオープンで、子どもたちを中心に賑わいそうだ。

J-WORLD TOKYOは、2012年12月に構想を発表。世界で初めての「週刊少年ジャンプ」にフォーカスしたテーマパークとして大きな話題を呼んだ。いよいよ待望のオープン日決定となる。
施設は約6168m2の面積があり、アトラクションエリア、ヒーローズアリーナ、フードエリア、物販エリアなどで構成される。そこに並ぶのはマンガやアニメでもお馴染みの人気作品ばかり。『ドラゴンボール』、『ONE PIECE』、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、『トリコ』、『銀魂』、『BLEACH』、『HUNTER×HUNTER』などだ。
入園料は大人(高校生以上)1300円、子ども1000円、このほか施設利用には別途料金がかかる。営業時間は10時~22時までだ。

注目のアトラクションでは、『ONE PIECE』、『NARUTO-ナルト-』、『ドラゴンボール』から5つのアトラクションが登場する。
「ソルジャードックアドベンチャー」は、劇場型ライドアトラクションでミニメリー号、シャークサブマージ3号に乗りながら『ONE PIECE』の世界を体験できる。「シロモクバのカイテンモクバ」は、テーマパークにお馴染みのカルーセル(回転木馬)を『ONE PIECE』をテーマにした。
『NARUTO-ナルト-』からは、体験型ウォークスルーアトラクション「激闘!忍界大戦絵巻!!」が登場する。 『ドラゴンボール』は、街巡り型アトラクションアトラクション「つかもうぜ!ドラゴンボール!!」、3D体験型アトラクション「はなとうぜ!かめはめ波!!」だ。「はなとうぜ!かめはめ波!!」は、悟空と一緒に「かめはめ波」を撃つというものだ。
ヒーローズアリーナはミニアトラクションを集めたエリアとなる。約30種類のキャラクターとコラボレーションしたフードを揃えるJ-WORLD KITCHEN(ジェイワールドキッチン)と、ONE PIECE 「カフェマドモアゼル」が設けられる。

国内有数のビックブランド“週刊少年ジャンプ”を掲げるだけに、子どもから大人まで大きな人気を呼びぞうだ。また、海外から日本を訪れるマンガ・アニメファンの観光名所としても期待出来る。

J-WORLD TOKYO(ジェイワールド東京)
/http://www.namco.co.jp/j-world/

2013年7月11日(木)開業
場所: 〒170-8630 東京都豊島区東池袋3-1-3サンシャインシティ ワールドインポートマート3F
入園料: 大人(高校生以上) 1300円  子供(4歳以上~中学生以下) 1000円
(施設の利用は別途料金が必要)
運営時間: 10時~22時(最終入園は21時まで)
運営主体: ナムコ
特別協力: 株式会社集英社 週刊少年ジャンプ編集部
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 「NARUTO-ナルト-」の岸本斉史さん読切作品「マリオ」 ジャンプSQ.6月号掲載 画像 「NARUTO-ナルト-」の岸本斉史さん読切作品「マリオ」 ジャンプSQ.6月号掲載
  • 「集英社 春のももクロまつり」 マンガからファッションまで人気5誌全てにブックインブック 画像 「集英社 春のももクロまつり」 マンガからファッションまで人気5誌全てにブックインブック

特集