主演は庵野秀明、宮崎駿最新作「風立ちぬ」で、大物監督が声優初挑戦

ニュース 映画/ドラマ

7月20日から全国公開されるスタジオジブリ最新作『風立ちぬ』の主演声優が決定した。主人公となる青年技師 堀越二郎を「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの総監督などで知られる庵野秀明さんが演じる。
長年数多くのアニメ、実写映画で活躍してきた庵野秀明さんだが、もちろん声優は初挑戦だ。しかも、日本を代表する映画監督である宮崎駿監督の最新作の主演、大きな話題を呼びそうだ。

『風立ちぬ』は、宮崎駿監督による5年ぶりの劇場長編だ。主人公となる堀越二郎は実在の人物で、後に神話ともなったゼロ戦の設計で知られる。そして、彼と同時代を生きた文学者の堀辰雄の半生が題材となっている。
映画では、2人の人生を融合させ新たなフィクションとして表現される。技師としての生き方や薄幸の少女菜穂子との出会いなどが語られる。

宮崎駿監督は当初、主人公の声には、早口であること、滑舌がよいこと、凛としていることを条件に挙げていた。その条件で検討を重ねる中、鈴木敏夫プロデューサーが庵野さんの名前を候補に挙げたのが今回のきっかけだという。
もともと、1984年公開の『風の谷のナウシカ』でのスタッフ参加以来、庵野秀明さんと宮崎監督の縁は深い。庵野さんは宮崎監督を師と仰ぐほど。
オーディションの参加について、「最初から断ることはできない」と庵野さんが参加。この声を聞いた宮崎監督から直々に依頼があり、今回の異例の決定につながった。
毎回、話題の多い宮崎駿監督の映画だが、今回もメガトン爆弾級のサプライズで、公開を目指すことになる。

■ 堀越二郎役:庵野秀明さんのコメント

「突然ある日、鈴木(敏夫)さんから「二郎の声をやってほしい」と電話がかかってきました。“まぁ無理だろう”と思いましたが、無理とはいえ宮さん(宮崎駿)から是非にということでしたし、まずはオーディションをして本当にいけるかどうか確認してみようということになりました。
オーディションが終わると、しばらく見たことないくらいニコニコと満面の笑みの宮さんに「やって」と言われまして、“これはやるしかないんだろうな”と思ったのが正直なところです。できるかどうかは別にして、やれることはやりますけれど、そこまでです、ということで引き受けました。
ダメだったときは、僕を選んだ鈴木さんと宮さんが悪いんです(笑)。といいつつも、頑張ります。

主役は初めてなので、シーンが多すぎてどこも大変だなあという印象です。もともと宮さんにオーディションで言われたのが「寡黙な男でセリフはそんなにないから」ということで。それを信じて引き受けたのですが、絵コンテ見たらびっくりですよ。ずっとしゃべりっぱなしだし、歌はあるわ、フランス語もドイツ語もあるわで、完全にだまされた!って感じです(笑)。
役作りは、素人なのでやっても無駄ですから、意図してやっていません。素のままぶつけて宮崎さんが気に入ればいいし、違えば直していこうと思っていました。役柄についてはあまり説明がなく、注文もそんなにありませんでした。アフレコ2日目くらいから、宮崎さんがニコニコと、とても喜んでいる様子で。それだけでよかったなと思います。

この映画の中に出てくる堀越二郎さんと僕自身が共通するのは“夢を形にしていく”仕事をしているところだと思います。そこはすごくわかるし、自分の実生活にも通じるところがあります。
素の自分のままアフレコをやったところを宮さんが喜んでいたので、やっぱりそうなんだなと。アニメや映画を作るということと飛行機を作るということは、作るものは違えども、夢を形にすることは同じ仕事なのだと強く思いますね。

2時間を超える長編をつくるというのは、体力的にも精神的にも本当に大変な作業です。ラストシーンは、正直感動しました。」


■ 鈴木敏夫プロデューサーによる起用理由
「役者さんでは演じることのできない存在感です。映画を設計する監督と飛行機の設計士、作るものは違うが共通点もあると思いました。こじつけですが(笑)。」


『風立ちぬ』
7月20日(土)より、 全国東宝系にて全国ロードショー
/http://kazetachinu.jp

原作・脚本・監督: 宮崎駿(「月刊モデルグラフィックス」連載)
音楽: 久石譲(サントラ/徳間ジャパンコミュニケーションズ)
主題歌: 「ひこうき雲」荒井由実(EMI Records Japan)
《animeanime》

関連ニュース

特集