高畑勲、宮崎駿、2013年2大巨匠が同日公開 ジブリ新作は「かぐや姫の物語」と「風立ちぬ」

ニュース 映画/ドラマ

2013年の夏は、スタジオジブリの長編映画が、日本を席巻しそうだ。12月13日、東京・日比谷の東宝本社で開催された2013年度東宝作品ラインナップ発表で、2013年夏にスタジオジブリの最新作『かぐや姫の物語』と『風立ちぬ』の2本が公開されることが明らかにされた。
監督は『かぐや姫の物語』が高畑勲監督、『風立ちぬ』が宮崎駿監督である。長年、スタジオジブリのクリエイティブを支えてきた二大巨匠の作品が、同時公開されることになる。

同じ年に両監督の作品が出揃うのは、1988年に『火垂るの墓』(高畑勲監督)と『となりのトトロ』(宮崎駿監督)の2本立て興行以来、実に25年ぶりとなる。
しかし、今回は2本立てでなく、スタジオジブリ初の長編映画2作品、同日公開となる。興行的にもあまりないケースである。アニメ界、そして映画界にとっては事件といえるだろう。

『かぐや姫の物語』は、高畑勲監督にとって『ホーホケキョ となりの山田くん』以来、14年ぶりの作品となる。題材は日本の古典『竹取物語』に由来する。数々の名作を残してきた高畑監督がこれをどう演出するのか、注目される。
一方、『風立ちぬ』は、宮崎駿監督の5年ぶりの新作だ。『崖の上のポニョ』以来となる。監督だけでなく、原作・脚本も担当する。世界的に注目される映画監督だけに、2013年に大きな話題となるのは間違いない。

『かぐや姫の物語』
2013年 夏 全国ロードショー
/http://kaguyahime-monogatari.jp

原作: 「竹取物語」 
製作: 氏家齊一郎
原案・脚本・監督: 高畑勲
脚本: 坂口理子
音楽: 池辺晋一郎

『風立ちぬ』
2013年 夏 全国ロードショー
/http://kazetachinu.jp/

原作・脚本・監督: 宮崎駿
音楽: 久石譲
《animeanime》

関連ニュース

特集