「残念、それは映画のノベライズだ」 『HK/変態仮面』ノベライズ4月15日発売

ニュース ノベル

4月9日より新宿バルト9、13日より全国ロードショーとなる映画『HK/変態仮面』。この公開を記念して、この劇場版のノベライズが4月15日に発売される。巻末特集には、監督や出演陣の撮影秘話も掲載、熱いコメント集は必見だ。
ノベライズ『HK 変態仮面』(著:ひなたしょう)の価格は税込998円である。映画とともに本文と巻末特集を楽しんでみたい。

『HK/変態仮面』は集英社のマンガ雑誌「週刊少年ジャンプ」黄金期に掲載された伝説のマンガ『究極!!変態仮面』(原作:あんど慶周)の実写映像化である。当時、数々の名作がひしめき合っていた1990年代の「週刊少年ジャンプ」黄金期において「残念、それは私のおいなりさんだ」に代表される名言など、異なる切り口で突出していただけに記憶に残るマンガとなった。

雑誌掲載からおよそ20年、まさかの映画化で、多くのファン驚かせた。映画の告知はまず、内容を明かさないまま映像の一部を公開すること話題を呼んだ。
正式な製作発表は、本年2月に行われている。制作スタッフは監督・脚本に「勇者ヨシヒコ」シリーズなどの福田雄一さん、脚本協力に俳優の小栗旬さんと期待の高まる布陣になった。

そして主人公・色丞狂介役に鈴木亮平さんが起用された。鈴木亮平さんは。今年公開予定の実写版『ガッチャマン』で、みみずくの竜役を務めるなどでも知られる。
一方、ヒロインの姫野愛子役は清水富美加さんが演じる。『仮面ライダーフォーゼ』で城島ユウキ役を務めるなどで知られる。特撮に縁のある2人の演技に注目したい。
[真狩祐志]

『HK/変態仮面』
4月6日(土)新宿バルト9 にて先行公開、4月13日(土)全国ロードショー!
/http://hk-movie.jp/



『HK 変態仮面』ノベライズ
原作: あんど慶周
監督・脚本: 福田雄一
脚本協力: 小栗旬
著: ひなたしょう
判型・予価: B6判・ 998円 単行本:  192ページ  出版社: 集英社
発売日: 2013年4月15日
《animeanime》

関連ニュース

特集