宮野真守が男性声優ソロ初の武道館公演決定 3500人のツアーファイナルで発表 

ニュース 音楽

宮野真守さんは、確かな表現力と演技の豊かさで高い評価を受ける声優だ。その人気、実力で国内を代表する声優のひとりだ。
一方その活動は、声優だけにとどまらない。アーティストとしてもその才能を発揮する。2012年12月31日から年明けにかけては、全国6か所を周る「MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2012-13 ~BEGINNING!~」を決行し、2月3日には東京・NHKホールでファイナル公演を迎えた。

この3500人のファンで埋め尽くされたファイナル公演で、サプライズな発表が行われた。2013年10月4日に、宮野真守さんの日本武道館単独公演が決定したというものだ。音楽ライブの聖地ともされる日本武道館だが、男性声優ソロアーティストとしては初の快挙である。2013年も宮野真守さんの怒涛の勢いが続きそうだ。

2月3日のイベントでは、最新シングルの「ULTRA FLY」や「SUPER★SOUL」、バラード曲「Beautiful Life」など、宮野真守さんの多彩な音楽世界を表現する全18曲が披露された。また、映像コーナーでは、「宮野家の大晦日」と題したミニコントで、三男役の宮野さんに加え、浪川大輔さん、下野紘さん、髙木俊さんら豪華声優陣も出演した。
また、宮野ライブ名物ともいえるバラエティコーナーも充実していた。カウントダウンと共に、宮野さんが声を担当していることでもおなじみのウルトラマンゼロとウルティメイトフォースゼロの面々が登場するサプライズもあった。

日本武道館公演決定は、ライブの終盤「特報」の文字と共に発表となった。会場は悲鳴と驚きが混じった割れんばかりの歓声があがり、泣きだすファンも現れる大きな盛り上がりに。
嬉しいサプライズに全員が宮野さんに祝福の声を送った。実は宮野さん本人にもサプライズだったこの発表に「みんなで一緒に歴史を刻もう!この想いを武道館につなげるぞ」と興奮の想いを語った。そして最後の曲「DREAM FIGHTER」を会場のファンと共に歌いきった。

10月の武道館公演までの間も、ファンにとってはイベントが続く。4月6日にはニューシングル「カノン」が発売、6月8日、9日には千葉・舞浜アンフィシアターにてバースデーのイベントが開催される。さらに6月8日に今回の「MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2012-13 ~BEGINNING!~」のBlu-ray Disc、DVDが発売となる。
2013年も宮野真守さんの動きから目が離せない。

宮野真守ホームページ
/http://miyanomamoru.com/

New Single「カノン」
2013年4月10日発売
(テレビアニメ「うたのプリンスさまっ マジLOVE2000%」主題歌)

《animeanime》

関連ニュース

特集