寿美菜子、宮野真守が“狩る者”と“狩られる者”に 「伏 鉄砲娘の捕物帳」初日舞台挨拶 | アニメ!アニメ!

寿美菜子、宮野真守が“狩る者”と“狩られる者”に 「伏 鉄砲娘の捕物帳」初日舞台挨拶

イベント・レポート

登壇者フォトショット
  • 登壇者フォトショット
  • 「伏 鉄砲娘の捕物帳」
  • 浜路役 寿 美菜子
  • 信乃役 宮野真守
  • 冥土役 宮本佳那子
  • 道節役 小西克幸
10月20日に、劇場アニメ『伏 鉄砲娘の捕物帳』の全国公開がスタートした。本作は桜庭一樹さんの小説『伏 贋作・里見八犬伝』を原作に、宮地昌幸監督、脚本・大河内一楼さん、ビジュアルイメージ・okamaといったスタッフで映像化した。
大島ミチルさんのエモーシャナルでダイナミックな音楽を背景に、煌びやかな架空の町・江戸で物語は繰り広げる。主人公の少女・浜路は猟師として兄と共に、人と犬の両方の血をひく「伏」を狩る。一方、人気役者の信乃は、その正体を隠して生きる「伏」。ふたりのつながりが、ダイナミックなストーリーを生み出す。

映画公開初日となった20日には、東京・シネリーブル池袋にて恒例の初日舞台挨拶が行われた。この日登壇したのは、ヒロインの浜路役の寿美菜子さん、信乃役の宮野真守さん、浜路の友人である冥土役の宮本佳那子さん、浜路の兄・道節役の小西克幸さん。そして、本作の監督・宮地昌幸さんの5人である。
人気、実力のある声優ばかりだけに、会場からはたびたび大きな声援が巻き起こった。まさ、終始笑いの絶えないアットホームな雰囲気の舞台挨拶となった。

都会に出てきたらばかりの少女を清々しく演じた寿美菜子さんだが、作品に対しても浜路に思い入れたっぷりだったようだ。「この作品は観終わった後、暖かい気持ちになれる作品でした。浜路目線で芝居を見ていたんですが、完成版は他の方たちの声も入った状態だったのでまた違って楽しめました。」と作品を語った。

また、宮野真守さんは映画のみどころとして色に着目した。「色がとても奇麗だと思いました。僕が演じた信乃が着ている着物がピンクなんですけど、とにかく鮮やかなピンクの色が目に入ってくる作品です。江戸の町並みが、こんな感じだったらいいなと思わせてくれる。江戸の町を見た事はないけど、多分、こんな町だったんじゃないかと思わせてくれるほど。」

そして宮本佳那子さんは、「江戸の町がすごく奇麗で、まさかのカラスが飛んでたりね・・細かく江戸の町が表現されていて何度観ても楽しめる作品だと思います。」と挨拶。
小西克幸さんも、「娯楽エンターテイメントに仕上がっているのは間違いないと思います。本当に隙のない映画で、音楽もいいし、映像の遊びもあったり、1度観ただけだと分からないかもしれないけど、何回観ても楽しめる映画だと思いますので是非、気に入った人はまた観にきて下さい」とそれぞれ異なる見どころを紹介し、映画の多彩さを感じさせる。

そんな映画制作の指揮を執った宮地監督は、「本当に出てくるキャラクター全ての感情が伝わるように丁寧に工夫して2年間かけて作りました。この映画が公開されて、それぞれのキャラクターが生きていくのかと思うとすごく嬉しいです。たくさん楽しめるところがあると思いますので是非気に入った方はまた観にきて下さい」と作品へのさらなる応援を呼びかけた。

文藝春秋創立90周年記念作品
『伏 鉄砲娘の捕物帳』
全国公開中
/http://fuse-anime.com
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • 公開直前「伏 鉄砲娘の捕物帳」 作品ガイドアプリを無料配信 画像 公開直前「伏 鉄砲娘の捕物帳」 作品ガイドアプリを無料配信
  • 紀伊國屋書店・新宿本店 映画『伏 鉄砲娘の捕物帳』ショップが開店 画像 紀伊國屋書店・新宿本店 映画『伏 鉄砲娘の捕物帳』ショップが開店

特集