アニメ監督、メカデザイナーとして活躍する河森正治さんは、「マクロス」シリーズや「アクエリオン」シリーズなど数々の人気アニメでよく知られている。しかし、その活躍と関心はアニメの領域を大きく超え、ビジョンクリエイターとして様々な異業種とのコラボレーションに積極的に取り組む。このなかにはソニーのAIBOなどとのクリエイション企画などがある。
そんな最新の取り組みが、1月18日よりウェブで公開されている。車メーカー富士重工業の運転支援システム「アイサイト」のロボット化だ。河森正治さんが「アイサイト」を完全変形ロボットにアレンジし、キャンペーンキャラクターとしてデザインした。そのデザインを「アイサイト」総合サイトにて公開している。

「アイサイト(EyeSight)」は、富士重工が開発した最新の運転支援システムである。ステレオカメラを利用することで、自動ブレーキによって車両を停止させる制御機能などがある。つまり、衝突する前に止まる、事故を起こさない車を目指す。
そうした最先端を目指す理念が、河森正治さんのデザイン思想と一致したようだ。運転支援システムの持つ理念にキャラクター性を与えるのが、河森正治さんの技だ。

今回公表された MAKING.01と題されたロボットは、人型と飛行型のふたつのモードである。さらに飛行型は、ヘリモードとしてデザインした。当初は飛行機をベースにデザインされる予定であったが、より不器用で柔らかなキャラクターを表現したいという理由から河森さんが決めたという。
「アイサイト」総合サイトでは、こちらのデザインを披露するだけでなく、壁紙としても提供している。また、このロボットが活躍するオリジナルアニメのバナー広告を、ウェブで掲出中だ。さらにMAKING.02の告知もされており、今後のさらなる展開もありそうだ。

アイサイト×河森正治
http://www.subaru.jp/eyesight/index.html#b001a1

河森正治監督 公式サイト
http://www.satelight.co.jp/kawamori/《animeanime》