士郎正宗さんの描くサイバーパンクSFマンガが、4たびアニメ映像となり帰ってくる。2013年1月16日、新しいアニメ『攻殻機動隊ARISE』の製作が発表された。
国内を代表するアニメーターで、これまで『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』、『BLOOD THE LAST VAMPIRE』、『イノセンス』などの制作にも参加してきた黄瀬和哉さんが、総監督として本作の指揮を執る。また構成・脚本は、『天地明察』、マルドゥック・シリーズなどで人気の高い作家・冲方丁が担当する。
押井守監督による『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』、『イノセンス』、そして神山健治監督による『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』とも異なるかたちだ。新たな総監督のもと、新しい『攻殻機動隊』を追求する。制作はこれまでのシリーズで素晴らしい映像を実現してきたプロダクション I.Gが、引き続き担当する。

『攻殻機動隊』は、士郎正宗さんの代表作。そのハイパーテクノロジーな世界観から人気だ。1995年にアニメ化され、『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』が劇場公開された。これが世界的な人気を博し、日本のアニメの代表作として長く知られるようになった。その後、2004年に後日譚ともいうべき『イノセンス』が映画化、カンヌ映画祭の公式コンペに出品されるなど、世界的な評価を勝ち取っている。
並行して2002年からは、『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』シリーズも製作されている。さらにその領域を広げる。

今回製作が明らかになった『攻殻機動隊ARISE』でも、黄瀬和哉さん冲方丁さんら、そして音楽に起用されるコネリアスらが共に、新たな作品の拡張を目指すことになりそうだ。
しかし、今回は、これ以外のスタッフ、リリース方法などの詳しい内容は明らかになっていない。詳細は、2月12日に六本木のnicofarreで行われる製作発表会(記者会見)にて発表する。この際には、スタッフ、スペシャルゲストによるトークも実施する。さらに最新映像の公開もされるという。

またこの製作発表の模様は、ニコニコ生放送、バンダイチャンネル、YouTubeにて全世界に向けて無料でライブ配信する。ファンには見逃せないものとなるだろう。
さらに同じ2月12日には、製作発表も含めたライブビューイングイベントをTOHOシネマズ六本木ヒルズで行う。こちらでは旧作『攻殻機動隊』シリーズの劇場上映(3作品のうち1つを選択)後に、製作発表会に突入する。ビッグな作品に相応しいビッグなイベントが、新しい『攻殻機動隊ARISE』の出発を彩る。

『攻殻機動隊ARISE(アライズ)』
http://www.kokaku-a.com/ 

原作: 士郎正宗
総監督: 黄瀬和哉
構成・脚本: 冲方丁
音楽 :コーネリアス
制作: Production I.G

新プロジェクト『攻殻機動隊ARISE』製作発表会

日程: 2月12日(火) 
会場: nicofarre
配信サイト: ニコニコ生配信、バンダイチャンネル、YouTube
内容: 『ARISE』の詳細情報、最新映像の公開、スタッフ、スペシャルゲストによるトークショーを予定

ライブビューイングイベント開催決定!過去シリーズ作品の上映も実施!!

「攻殻機動隊ARISE」製作記念!スペシャルナイト!!
日時: 2013年2月12日(火) 18時~22時
会場: TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
[内容]
1部: 旧作スクリーン上映 (※3スクリーンで実施)
  1.「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man」
  2.「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」
  3.「攻殻機動隊S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D」
2部 :「攻殻機動隊ARISE」製作発表会ライブビューイング【約60分】(※上記全会場で上映)
入場特典: 「攻殻機動隊ARISE」 プレスシート(非売品)
チケット一般価格: 2000円
チケット発売日: 2013年1月17日(木)24:00~ (1月18日(金)0:00~)
チケット購入方法: 劇場販売
http://www.tohotheater.jp/theater/009/info/event/arise.html
*詳細は1月16日5時にオープンした公式サイトで確認出来る。 《animeanime》