2013年夏 銀座でエヴァンゲリオン展 作品の舞台裏を紹介 | アニメ!アニメ!

2013年夏 銀座でエヴァンゲリオン展 作品の舞台裏を紹介

ニュース イベント

2012年11月27日に公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を中心に、2012年はエヴァンゲリオンが一大ブームを巻き起こした。今後はさらに『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開も予定されており、2013年以降もこうした人気はまだまだ続きそうだ。

そんなエヴァファンにとって気になる展覧会が、2013年夏に東京・松屋銀座にて開催される。8月7日から26日まで行われる「エヴァンゲリオン展」だ。
展覧会は、1月5日付の朝日新聞の2013年のイベント紹介のひとつとしてピックアップされた。この紹介は、展覧会のほか音楽、ステージなど朝日新聞が主催するイベントを中心に取り上げたものだ。アニメ・マンガ関連では、2013年10月12日から2014年1月5日まで、東京・森アーツセンターギャラリーで開催する「スヌーピー展」も紹介している。

「エヴァンゲリオン展」の企画内容は、エヴァンゲリオンの魅力を解き明かすものになるという。原画や資料などを用いて様々な角度からエヴァンゲリオンの見どころ、舞台裏を紹介する。

会場となる松屋銀座は、8階のイベントスクエアを中心に定期的に展覧会を開催している。近年は、アニメーションやマンガ関連の企画も多い。
2012年には約500点もの資料を展示した「生誕110周年記念 ウォルト・ディズニー展」、タツノコプロの原画、セル画、設定300点を集めた「50周年記念 タツノコプロテン」が開催されている。9月の「40周年記念 ベルサイユのばら」は、朝日新聞主催で池田理代子さんのベストセラーマンガ『ベルサイユのばら』を一望し、大きな話題を呼んだ。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 「ベルサイユのばら」にオーディオ・ドラマ 連載開始40周年、展覧会に連動 画像 「ベルサイユのばら」にオーディオ・ドラマ 連載開始40周年、展覧会に連動
  • 「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」三河・岡崎城などでスタート ロンギヌスの槍など展示 画像 「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」三河・岡崎城などでスタート ロンギヌスの槍など展示

特集