声優の仕事で海外交流も 全日本声優コンテスト開催発表 江口拓也、片岡あづさが応援エール | アニメ!アニメ!

声優の仕事で海外交流も 全日本声優コンテスト開催発表 江口拓也、片岡あづさが応援エール

ニュース アワード/コンテスト

声優を目指す若者のための最大規模の祭典を目指す全日本声優コンテスト「声優魂」が開催される。2012年12月14日にその発表が東京・秋葉原で行われた。
全日本声優コンテストは、声というコンセプトから世界中の若者の才能の発掘と支援、育成を目指す。声優コンテストとシナリオ・原作コンテストを通じてこれを実現する。

コンテストを主催するのは、今年秋に設立された一般社団法人国際声優育成協会。これに外務省、経済産業省、東京都が後援、さらに東京国際アニメフェア2013が協力する。また、NTTプライム・スクウェア(Fan+)や声優関連の教育を行う学校などが協賛する。かなり大きな枠組みで実施されることが分かる。
開催にあたっては、2012年10月20日よりすでに、声優部門、シナリオ・原作部門で募集を開始している。それぞれ2013年1月31日、2月28日まで募集して、年明け2月から3月にかけて審査をする。3月の東京国際アニメフェア2013の会場にて、決勝審査、表彰式を行う予定だ。

開催について国際声優育成協会理事長の南沢道義さん(81プロデュース代表取締役社長)は、「声優の仕事が子どもたちのなりたい職業の上位に喰い込む時代、子どもたちが自分の好きなもの、やりたいものを見つける場になれば」とその意義を話す。

また、開催にあたっては、声優の仕事の最前線で活躍する若手のふたり江口拓也さん、片岡あづささんが応援サポーターに就任した。江口さんは、『機動戦士ガンダムAGE』のアセム役、『織田信奈の野望』の良晴役、『黒子のバスケ』の小金井慎二役などで活躍する。片岡さんは、『プリティーリズム』のみおん役、『侵略!?イカ娘』の渚役などの代表作がある。
江口さんは、「ぶつけどころのないエネルギーを持っている人のぶつけどころ」と、声優になりたかったのにぶつける場所がなかった自身の高校生の頃の体験を引き合いにし、参加者への応援メッセージとした。
片岡さんも、「少しだけ勇気を出して、ここで一歩を踏み出して」と話す。「いま自分が声優であるのは、一歩を踏み出したから。始まってしまえばきっと楽しくなるはず」。声優になりたい人への参加を呼び掛けた。

全日本声優コンテストの特徴は、中学生から高校生が応募できる国内カテゴリーのほか、インタナショナルカテゴリー(中学3年生~成人対象)を設けていることだ。これは海外にも声優になりたがっている人がおり、そうした人にも声優の素晴らしさを届けるためだという。
日本のアニメは、海外で人気を博し、海外イベントのゲストに招かれる機会も少なくない。そうしたなかで声優という仕事をグローバルに拡大する。各団体による後援、協力にも、全日本声優コンテストに対するそんな期待も含まれているに違いない。

全日本声優コンテスト「声優魂」
/http://koedama.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 井口裕香さんがソロアーティストデビュー 劇場版『とある魔術の禁書目録』のイメージソング 画像 井口裕香さんがソロアーティストデビュー 劇場版『とある魔術の禁書目録』のイメージソング
  • 結成10周年「謎の新ユニットSTA☆MEN」 人気声優ユニットがイベント、DVDで活躍 画像 結成10周年「謎の新ユニットSTA☆MEN」 人気声優ユニットがイベント、DVDで活躍

特集