ジャイアン新曲はスネ夫とのデュエットソング 11月2日、番組内で発表 | アニメ!アニメ!

ジャイアン新曲はスネ夫とのデュエットソング 11月2日、番組内で発表

ニュース 音楽

『ドラえもん』のジャイアンが、11月2日(金)放送の番組内で新曲を披露することが決定した。新曲のタイトルは『フレンド・オブ・ザ・ハ~ト』で、スネ夫とのデュエットソングとなる。
『ドラえもん』の長い歴史の中で二人がデュエットを歌うのは史上初の出来事だ。12月19日(水)には新曲を収録したCDのリリースも決定している。

ジャイアンはひどい音痴でありながら、歌手を目指していることで有名なキャラクターだ。その歌声は"公害の一種"と評されるほどで、リサイタルを開催する度にのび太たちを震え上がらせてきた。
2011年6月には自身の誕生日を記念して『ジャイアンにボエボエ』を発表した。一方のスネ夫もジャイアンのプロデュースにより2011年11月に『スネ夫のおぼっちゃマンボ』で歌手デビューをしている。

その二人がついにコラボレーションを果たす。11月2日(金)放送のエピソード「奇跡のデュエット!ジャイ&スネ」の中でデュエットを初披露する。その新曲『フレンド・オブ・ザ・ハ~ト』はジャイアンの口癖「心の友よ~」を英訳したものだ。どことなく昭和歌謡の雰囲気も漂うムーディー&ポップなメロディーが印象に残る一曲だ。
歌詞の内容は、ジャイアンをゴリラ、スネ夫をキツネに見立てたものだ。スネ夫のズルさをわかっていながら無理矢理言うことを聞かせるジャイアンと、おだててごまかし、その場を乗り切ろうとするスネ夫の関係を描いている。

新曲は12月19日(水)リリースの『ドラえもんとあそぼう!こどものうたスペシャル』に収録される。本アルバムは、ドラえもん誕生100年前を記念した作品だ。のび太やしずかなどお馴染みのキャラクターが、童謡「おおきなくりの木の下で」や「げんこくつやまのたぬきさん」などを楽しく歌っている。
また番組放送終了後には着メロや着うたの配信も予定している。
[高橋克則]

『ドラえもん』
毎週金曜 19時~19時半

テレビ朝日ドラえもん公式サイト
/http://www.tv-asahi.co.jp/doraemon/
ドラえもんとあそぼう!こどものうたスペシャル
/http://columbia.jp/prod-info/COCX-37723/

「奇跡のデュエット!ジャイ&スネ」(11月2日放送予定)
あらすじ
ある夜、スネ夫(声・関智一)は、キツネになった自分とゴリラになったジャイアン(声・木村昴)が動物たちの歌合戦に出場し、デュエット曲を歌って優勝する夢を見た。
翌日、のび太(声・大原めぐみ)たちに夢の話を打ち明け、「正夢になったらどうしよう」とおびえるスネ夫。だが、そこへなんとジャイアンがやって来て、「だれか、オレとデュエットを組もうぜ!」と持ちかけて来たからビックリする。商店街のカラオケ大会に参加するはずだったジャイアンの両親が急に出かけることになり、ジャイアンが参加することにしたという。
夢のことを聞きつけたジャイアンは「優勝なんて縁起がいい!」と上機嫌で、スネ夫とコンビを組むことを強引に決定。夢の中で見たデュエット曲を思い出すよう、スネ夫に迫る。
スネ夫を心配したのび太とドラえもん(声・水田わさび)は、夢の中に入ることができるひみつ道具“夢はしご”を使って、昨夜のスネ夫の夢の世界に潜入し、曲を録音してあげようと考えるが…!?
そして、ついにカラオケ大会の日がやって来るが…!?
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

  • 藤子ミュージアムで“ジャイアン”の誕生日開催 6月はジャイアン一色に 画像 藤子ミュージアムで“ジャイアン”の誕生日開催 6月はジャイアン一色に
  • 対象年齢15歳以上 金メッキ仕様「ドラえもん2112Ver.」がバンダイROBOT魂に 画像 対象年齢15歳以上 金メッキ仕様「ドラえもん2112Ver.」がバンダイROBOT魂に

特集