『PSYCHO-PASS サイコパス』 虚淵玄(ストーリー原案/脚本)インタビュー 後編

インタビュー スタッフ

■ 群像劇で警察もの

―― アニメ!アニメ!(以下AA)
『PSYCHO-PASS サイコパス』のキャラクターとその配置について伺わせてください。 

―― 虚淵玄さん(以下虚淵) 
まず、群像劇というオーダーがありました。警察ものの要素、『太陽にほえろ!』の方向で行きましょうというイメージです。

―― AA
ひとりずつの個性は回を追うごとに明らかになっていくのですか?

―― 虚淵 
ドラマが生じるぐらいの矛盾や二面性を盛り込んだかたちでキャラクターを作っています。あとはぶつかり合っていくだけで、十分いろいろ描けます。

―― AA
いままでの話を聞いていると、スムーズにアイディアが生まれてくる感じですが、難しかった点はありますか?

―― 虚淵 
今回はその難しさを人に頼って解消してきました。この限られた時間のなかでクリアしなければという部分はあったんです。
今回は、共同執筆で小説家の深見真さんにお願いしています。まずシリーズ構成をお渡しして、そこから草稿をもらって、その草稿をもとに自分が初稿に書き直すというスタイルです。アニメとしては珍しいと思います。
各話脚本を立てて分担するのでなく、ほぼ全話について私と深見さんの共著というかたちでクレジットされます。かなり精度の高い手法で毎回作れたんです。

―― AA
その時に、視聴者が望んでいるものを出していこうといった意識はあるのですか?

―― 虚淵 
ライターとしての役目は、なによりも監督の期待に応えることです。監督と絵コンテさんを面白がらせる脚本ができれば、それで8割方勝ちなんですよ。
彼らが「これは面白い」と思って、前向きになってさえくれれば、その情熱は明らかにコンテや演出の段階での面白さに反映され、作品そのものを良いモノにしてくれます。「楽しい。この仕事はやりがいがある。いいものに仕上げよう」という情熱を懐いてもらえれば、もうライターとしてのミッションは完了も同然だと。
だからその先の世間の評価まで考えて作るのは、監督さんやプロデューサーだろうと思っています。ライターは土台とかを作る役目だと思うんです。そのうえにどんな城を建てるかという時にはライターの仕事は終わっているんです。


■ ヒットメーカーのオーラを感じる本広克行総監督

―― AA
ちょうど監督の話が出ました。総監督と監督と、それぞれの監督の印象はどうですか?まず、本広克行総監督ですが?

―― 虚淵 
あれだけ華々しい功績を上げているかたなのに、ものすごく楽しんで現場に参加してくれいるのがまず大変ありがたかったです。アニメという新ジャンルに挑戦する冒険を、リスクと思わずに体当たりで突っ込んできています。チャレンジ精神がすごいですね。
一方でヒットメーカーであるという自信のオーラがありますし、それゆえの説得力で周りの意見をまとめます。あの柔軟さがヒットの秘訣なのかなと思いました。

―― AA
いままでのアニメの監督とは違う、実写的な視点は感じましたか?

―― 虚淵 
どちらかと言えば、本広さん自身が「これはアニメ」という思いから新しいジャンルに挑戦というスタンスです。まずエンターテイナーとしての基盤から出てくる意見がメインですので、全く違和感なかったです。

―― AA
塩谷直義監督についてはいかがですか?

―― 虚淵 
もともと原画を描いていたこともあって、絵に対するこだわりがすごいですよね。それぞれのシーンを絵にした時にどう映えるかに対する配慮の細やかさは大変心強いです。
文字だけで書いていくと「絵にしたときどうなの?」というのは出ます。実は読み切れない部分もあります。そこをコンテの段階で大胆に切り替えて、「これはなんで変えたんですか?」という時に一発で納得できる理由を話してくれる。これは大変心強い。

―― AA
天野明さんのキャラクターについても伺わせてください。

―― 虚淵 
驚きでした。ただ、その意外性こそが、自分が求めていたものなんです。はみだし暴れ刑事みたいな主人公は、自分では『ダーティハリー』の方向に行くんです。そこでクリント・イーストウッドと思いきや、あんな色っぽいイケメンが出てくるんですから、そこですよね。
それによってキャラクターの魅力が磨き上げられて増していく。自分ひとりで思いついたキャラクターよりも、誰かがそれを受け止めて咀嚼してもう1回描き直したもののほうが磨き上げられて深みが増してくる。そうやってキャラクターの厚みが増していくのがアニメならではの面白さだなという気がします。


■ 原体験は『装甲騎兵ボトムズ』

―― AA
先ほどフィリップ・K・ディックの名前が出ました。アニメに限りませんが、影響を受けた作品、好きな作品はありますか?

―― 虚淵 
物心ついたタイミングで一番強烈だったのは『装甲騎兵ボトムズ』でしたね。あれで自分の芸風の方向づけが大方決まった気がするんです。

―― AA
少し意外ですね。

―― 虚淵 
なんとなく暗いテイストは、あの辺から来ているじゃないかなと思っています。自分のなかで一番強烈な金字塔アニメは『ボトムズ』になりますね。

―― AA
『ボトムズ』が今回の『PSYCHO-PASS サイコパス』に影響していることはありますか?

―― 虚淵 
あると思います。今回は『ブレードランナー』の影響があると思います。まさに『ボトムズ』も第1クールは『ブレードランナー』でしたし、逃れようのないものでしょうね。主人公の目つきの悪さとか(笑)。

―― AA
最後に、これから作品を視聴する方にメッセージをお願いします。

―― 虚淵 
いまどき流行りのアニメじゃないとは思います。それはそれとして、たまには目先を変えて違う料理を口に入れてほしいなという思いがあります。ちょっと騙されたと思って観てください(笑)。
普段馴染みのないジャンルに見えるかもしれないけど、「それがあなたの琴線に触れるかもしれない」という期待を抱きつつ、少し冒険して貰えればと思います。

―― AA
それはきっとおいしい料理のはずだと。

―― 虚淵 
自分なりの味覚ではおいしく作ったつもりですし、お口に合うかどうかはわかりませんが、試しに口に入れてみるというチャレンジをやってみてください。

―― AA
本日はどうもありがとうございました。


『PSYCHO-PASS サイコパス』
2012年10月11日よりフジテレビ“ノイタミナ”にて毎週木曜放送予定
ほか各局でも放送予定
/http://psycho-pass.com/
/ http://facebook.com/psychopasstv
《animeanime》

関連ニュース

特集