京都・叡山電鉄に「ひだまりスケッチ」が きらら号、8月9日発進

ニュース 話題

京都市左京区を運行する叡山電鉄は、8月9日(木)より、芳文社の4コママンガ雑誌『まんがタイムきらら』とコラボレートし、特別車両「まんがタイムきらら×きらら号」を運行する。
これは、叡山電鉄の900系列車が、「きらら」の愛称で親しまれていることから実現したもので、11月7日(水)までの期間中、きらら号は「まんがタイムきらら×きらら号」として、『まんがタイムきららキャラット』で連載されている蒼樹うめさんのマンガ『ひだまりスケッチ』のイラストをあしらったヘッドマークをつけて、出町柳駅~鞍馬駅間を運行することになった。

「ひだまりスケッチ」は、アパート「ひだまり荘」を舞台に、やまぶき高校美術科に通う少女たちの日常を温かみのあるユーモアで描いたベストセラー作品である。
2007年以降、新房昭之監督により、3回にわたってテレビアニメ化され、熱狂的な支持を集めてきた。この10月からは第4期となる新作「ひだまりスケッチ×ハニカム」の放送もスタートすることが決まっている。

叡山電鉄では今回のコラボレーションに加えて、テレビアニメの放送時期に合わせ、さらなる企画も準備中であるとしている。
叡山電鉄と「まんがタイムきらら」のコラボレーション企画は、以前にも『映画 けいおん!』とmpタイアップ列車を2011年6月から2012年2月まで運行させるなどの実績がある。さらに担当者からは「今後も芳文社のマンガ作品とコラボした企画を実施する予定」とのコメントも出ている。鉄道ファンとマンガ・アニメファンの双方が楽しめる企画が、次々と生まれていくようである。

なお、叡山電鉄の公式Twitterアカウント「@eizandensha」では、8月9日(木)の運行開始に合わせて、「まんがタイムきらら×きらら号」に関する情報を、ハッシュタグ「#kirara_kirara」付きで発信していく。
[多摩永遠]

「まんがタイムきらら×きらら号」
運行区間: 出町柳駅~鞍馬駅
運行編成数: 「きらら」900系(二両)×一編成
運行車両: 903-904号車
運行期間: 8月9日(木)~11月7日(水)
※車両点検やその他の理由により運休や運転区間の変更などがありますのでご了承ください。

芳文社公式サイト
/http://houbunsha.co.jp/

叡山電鉄公式サイト
/http://eizandensha.co.jp/
《animeanime》

関連ニュース

特集