小学館集英社プロダクションが、ガガガ文庫のライトノベルと連携した映像プロモーション企画をスタートした。小学館・ガガガ文庫で人気のライトノベル『とある飛空士への恋歌』(著/犬村小六 イラスト/森沢晴行)と『人類は衰退しました』(著/田中ロミオ イラスト/山崎透)のプロモーション動画(PV)を制作、12月18日よりYouTubeで展開する「小学館集英社プロダクションチャンネル」にて配信を開始している。
 このPVは小学館・ガガガ文庫オフィシャルサイトとの連動した展開となっている。ガガガ文庫オフィシャルサイトに、PV映像が埋め込まれ動画にて作品の魅力を伝える。YouTubeを初めとする動画サイトを利用した映像プロモーションは少なくないが、今回はライトノベルのプロモーションに利用する新しい試みが盛り込まれる。小学館と小学館集英社プロダクションのYouTubeを利用したグループ連携も注目される。

 配信される映像は2作品とも、1分弱のショートバージョンとより長い4分半から5分半のロングバージョンが用意されている。いずれも原作で人気のイラストがアニメのように動き出し、物語の魅力や最新の商品情報を送り出す。ロングバージョンは広告としてでなく、短編作品としても楽しめる。
 現在、配信しているのは2作品だけだが、ガガガ文庫の公式サイトでは今後『邪神大沼』、『GJ部』、『ささみさん@がんばらない』の3作品の配信を告知する。今後さらに展開を広げそうだ。

 ガガガ文庫は小学館のライトノベルを送り出すレーベルで、2007年にスタートした。人気作品を数多く生み出しており、今回PV動画が制作されのもそうした作品だ。
 『とある飛空士への恋歌』は、この秋よりコミカライズド作品が「ゲッサン」で連載を開始。さらに先日2011年秋の公開を目指して劇場アニメ化されることも発表された。アニメ制作には『サマーウォーズ』など数々の傑作劇場アニメを創りだしてきたマッドハウスが手がける。監督は『はじめの一歩(第2期)』などの宍戸淳さん、脚本の『時をかける少女』、『サマーウォーズ』の奥寺佐渡子さん、キャラクターデザインの『ああっ女神さまっ』の松原秀典さん、メカニックデザインに山田勝哉さんと豪華スタッフが期待を高める。今後もガガガ文庫と「小学館集英社プロダクションチャンネル」の協力はさらに拡大しそうだ。

小学館集英社プロダクションチャンネル(YouTube公式)
http://www.youtube.com/user/SHOPRO
小学館・ガガガ文庫
http://gagaga-lululu.jp/gagaga/index.html




《animeanime》