オリコンが9月1日に発表した9月6日付のDVD週間ランキング、Blu-ray Disc(BD)週間ランキングで、『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』が共に総合1位になった。これは8月23日から29日までの全国のランキングをオリコンが集計したものである。
 DVD週間ランキング1位となったのは「ONE PIECE FILM STRONG WORLD DVD 10th Anniversary Limited EDITION【完全初回限定生産】」、BD週間ランキングでは「ONE PIECE FILM STRONG WORLD Blu-ray 10th Anniversary Limited EDITION【完全初回限定生産】」が1位となった。共に発売日は8月27日、それぞれの売上げは12.1万枚と6.3万枚である。両部門制覇である。
 DVDは一般層の購入が多く、BDはコア層のユーザーが多いとされている。『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』の映像パッケージ商品は、この双方を惹きつけたと言えそうだ。

 これ以外でも、8月23日から29日に週は『ONE PIECE』旋風が吹き荒れた。DVD総合ランキングの2位は3.5万枚の『ONE PIECE FILM STRONG WORLD DVD』 、BD総合ランキング5位には1万枚の『ONE PIECE FILM STRONG WORLD Blu-ray』がつけた。『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』は3日間でDVDとBDで合計22.6万枚を販売したことになる。
 さらにDVD総合ランキングの4位、6位にはテレビシリーズを収録した『ONE PIECE Log Collection “NAMI”』(2.2万枚)、『ONE PIECE Log Collection “Logue Town』(2.1万枚)がつけている。オリコンによればこの週の『ONE PIECE』関連の映像パッケージの総売上枚数は9タイトルで27.7万枚、金額に21.6億円にも達した。昨今の『ONE PIECE』ブームを象徴するものとなった。

 『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』は、昨年12月、シリーズ劇場映画第10弾として公開された。原作者の尾田栄一郎さんが総指揮を執ったことや劇場で単行本第0巻が配布されるなどが大きな話題を呼び興収48億円という大記録を生み出している。
 本作を映像パッケージにするにあたっては、尾田栄一郎さんの希望で劇場上映版にはなかった新シーンが盛り込まれた。これが人気を呼び劇場に続きBDとDVDでも大きなヒットになっていると言えそうだ。『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』は、今回の映像パッケージと劇場興収だけで現時点で70億円の売上げとなる。2010年の特筆すべき大ヒットと言っていいだろう。

オリコン http://www.oricon.co.jp/ 《animeanime》