マンガ大賞決まる 「テルマエ・ロマエ」ヤマザキマリさんに | アニメ!アニメ!

マンガ大賞決まる 「テルマエ・ロマエ」ヤマザキマリさんに

ニュース マンガ

 マンガ好きの選ぶマンガ賞として2008年に始まったマンガ大賞の2010年の受賞作品が決定した。3月17日に東京 有楽町のイマジンスタジオでヤマザキマリさんの『テルマエ・ロマエ』の受賞が発表された。
 『テルマエ・ロマエ』は、コミックビーム(エンターブレイン)に連載中のギャグマンガ。ローマ風呂と現在の風呂が時代を超えてつながるという奇想天外ストーリーが展開する。風呂に関する作者の豊富な知識も見どころになっている。マンガ大賞は既刊単行本8巻以内との制限を設けているが、 『テルマエ・ロマエ』は単行本がわずか1巻のみという中で、審査したマンガ好きの大きな支持を勝ち取った。

 表彰式の当日は、ヤマザキマリさんがポルトガル在住ということからスカイプにての表彰式参加となった。スカイプを通じて表彰式の様子をみて「全然信じられていない状況が本心なんですけども、改めてスカイプで、ヴァーチャル的なものであっても、この現状を見てやっと、「ああ、嘘じゃないんだ」と実感できました」と、海を越えた場所から受賞を喜んだ。
 また、非常にユニークな作品が生まれた理由については、「私にしてみればものすごく、はっきり言って今まで私が書いてきた全ての作品の中で一番自分の、こう、枕のにおいを嗅ぐじゃないけれど、自分の体臭がするぐらい、ものすごく当たり前に発生してしまったマンガです」と説明。さらに夫がローマおたくだったなど楽しいエピソードも紹介した。

 表彰式には会場に直接訪れられない作者に代わり担当編集者の奥村さんが代理で登壇し、昨年第2回『ちはやふる』で大賞を受賞した末次由紀さんがプレゼンテーターとなった。また、第1回に『岳』で大賞を受賞した石塚真一さんもゲストで出演するなど、華やかなものとなった。

 マンガ大賞は、出版社や編集者、マンガ家ではなく、マンガ好きの立場からお薦め作品を選ぶとして始まったユニークな賞である。今回は2009年1月1日から12月31日までの間に単行本が発刊された作品で、既刊が8巻以内のものを選考対象とした。
 審査には89名が参加、第1次選考では各選考員が推薦作品を選考、第2次選考では第1次選考で投票数が多かった10 作品をノミネートとする。そのうえで各選考員がノミネートから上位3作品を選考しポイント化し、『マンガ大賞』を決定した。

 今回は94ポイントを獲得した『テルマエ・ロマエ』が受賞したほか、2位には小山宙哉さんの『宇宙兄弟』がつけた。『宇宙兄弟』は昨年に続いてのノミネートで、昨年に続き2位という結果になった。
 また、3位には大場つぐみさん、小畑健さんがマンガ家を目指す二人の主人公を描く『バクマン。』が挙がっている。惜しくも受賞を逃したノミネート作品は、いずれも現在のマンガ界の状況を反映した傑作ばかり。どれも是非読んで置きたい作品だ。

マンガ大賞2010 公式サイト /http://www.mangataisho.com/

マンガ大賞2010受賞作
『テルマエ・ロマエ』 ヤマザキマリ  (94pt)

マンガ大賞最終選考ノミネート作品
『宇宙兄弟』 小山宙哉 (89pt)
『バクマン。』 大場つぐみ・小畑健 (60pt)
『アイアムアヒーロー』 花沢健吾 (55pt)
『娚の一生』 西炯子 (48pt)
『虫と歌 市川春子短編集』 市川春子 (47pt)
『海月姫』 東村アキコ (46pt)
『モテキ』 久保ミツロウ (44pt)
『高校球児 ザワさん』 三島衛里子 (25pt)
『アオイホノオ』 島本和彦 (23pt)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集