「ストレイト・ジャケット」劇場版 6月28日世界先行公開決定 | アニメ!アニメ!

「ストレイト・ジャケット」劇場版 6月28日世界先行公開決定

ニュース 映画/ドラマ

 人気作家榊一郎さんの小説を原作に日米共同製作されたアニメ『ストレイト・ジャケット』が、新たに『STRAIT JACKET International ver.』として劇場公開される。6月28日から六本木シネマートでレイトショー公開となる。
 これまでにDVDでリリースされた『ストレイト・ジャケット』全3話を75分の劇場用インターナショナル版として再編集した特別版である。今年から始まる米国展開を前に、世界初の特別上映として日本のファンへお披露目する。

 作品の原作者榊一郎さんは、『スクラップド・プリンセス』シリーズなどで知られている。また、榊さんの作品では『神曲奏界ポリフォニカ』や『CODE-E』がテレビアニメ化されているほか、今年秋から『まじしゃんず・あかでみぃ』もTVアニメ化される。作品の映像化が相次ぐ、いま注目の作家である。
 『ストレイト・ジャケット』では原作だけでなく、脚本やシリーズ構成も担当し、マルチな才能を発揮している。作品は科学と魔法が共存する世界を舞台に、派手なアクションシーン、戦闘シーンが繰り広げられる。こうした映像は、日本よりもむしろ海外で大きなニーズがありそうだ。

 実際に『ストレイト・ジャケット』の製作には、日本のティー・オーエンタテイメントのほか、共同製作の米国パートナーとしてマンガ・エンタテインメントが参加する。Starzは米国では老舗の日本アニメ企業で、『攻殻機動隊』などSF・アクション作品を得意とする。
 また、現在は大手のメディア流通企業スターズ(Starz)のグループ会社で、DVDやインターネット、TVなどに幅広い流通網を持っている。 『STRAIT JACKET International ver.』も、こうしたStarzによる積極的なプロモーションが行われると見込まれる。

sj_rgb.png 作品は大胆なアクションシーン、バイオレンスシーンが多く盛り込まれており、アメリカのアニメマニアのニーズを十分取り入れている。米国で既に大きな成功を収めている『アフロサムライ』や『ウィッチブレイド』、『ハイランダー』といったアニメ作品群と、同様のビジネスモデルと考えられる。
 日本のアニメファンよりもむしろ、米国を中心とした海外のアニメファンをターゲットとする共同製作の新しい潮流である。

 6月28日の公開初日には、来場者先着30名に作品の音楽を手がけた柳川剛氏特別編集のサウンドトラックCDのプレゼントが行われる。
 このサントラCDは非売品、今回の劇場でしか手に入らない貴重なものなので、ファンにはうれしいプレゼントとなりそうだ。
                             ©榊一郎/TOE/Endeleizo 2007

ストレイト・ジャケット公式サイト /http://www.straitjacket.jp/
六本木シネマート  /http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集