アンパンマンこどもミュージアム 来場者100万人突破 | アニメ!アニメ!

アンパンマンこどもミュージアム 来場者100万人突破

ニュース 話題

 横浜みなとみらい地区ある横浜アンパンマンこどもミュージアムの来場者が、開業1年を前に100万人を突破した。100万人目の来場者には記念撮影が行われ、記念品が贈呈された。
 ミュージアムは2007年4月20日に開園した横浜市のみなとみらい地区にある3階建ての施設である。1階には劇場も併設され、さらに施設内には『アンパンマン』のキャラクターたちをフィーチャーしたグッズショップからヘアサロンまで、ショッピングモール21店舗が並ぶ。

 横浜市の都市開発地域みなとみらいは、ランドマークタワーや横浜ミュージアムを初めとするエンター テイメント、商業の集積地区で、日本有数の観光スポットでもある。
 このミュージアムの運営は、2006年8月に設立した有限責任組合(LLP)「アンパンマンミュージアム&モール有限責任事業組合」が行っており『アンパンマン』のライセンサーとライセンシーを中心に22社が参加している。LLPでは初年度の目標を70万人としており、嬉しい誤算となった模様だ。

 4月20日(日)にはオープン1周年を記念し、モール内のアンパンマン広場で「ドリーミングといっしょにうたおう!スペシャルコンサート」が実施される。
 ミュージアムの入場料は1000円、モールへの入場は無料となっている。

 なお、同施設は週末や祝日の午前中から昼にかけてが最も混雑するようで、公式サイト上では随時混雑状況をお知らせしている。
 昨年のオープン後最初のゴールデンウィークには、ミュージアムの営業終了時刻近くまで行列が続き入場制限を行ったほどで、今年も大型連休には多数の人出が予想される。

横浜アンパンマンこどもミュージアム 公式サイト
/http://www.yokohama-anpanman.jp
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集