ぽにきゃん、GENEONが東京国際アニメフェア特設サイトオープン | アニメ!アニメ!

ぽにきゃん、GENEONが東京国際アニメフェア特設サイトオープン

ニュース イベント

 アニメDVD販売の大手映像パッケージ会社ポニーキャニオンとジェネオン エンタテインメントが、東京国際アニメフェア開催に向けて特設サイトをオープンした。「ぽにきゃん@びっぐさいと」と「東京国際アニメフェア 2008/GENEON 特設サイト」である。
 両社とも多数の人気アニメを扱う企業で、毎年、東京国際アニメフェアでブースを設け、国内外のアニメ関係者やファンに向けて、映像やイベントなどのかたちで作品を紹介している。特設サイトでは、アニメフェアで紹介する主要作品やイベントなどの情報を提供する。

 ポニーキャニオンのぽにきゃん@びっぐさいとでは、春のぽにきゃん祭り2として、主要作品に『ネオ アンジェリーク Abyss』、『S・A ~スペシャル・エー~』、『紅』、『CLANNAD』、『しゅごキャラ!』、『家庭教師ヒットマンREBORN!』を挙げている。
 3月29日と30日のパブリックデーに、ポニーキャニオン展示場ブースにおいて、ゲストを招いたイベントが行われる。さらにこのほかメインステージを利用したふたつの大型イベント「TVアニメーション「CLANNAD」最終回記念イベント」と「ネオ アンジェリーク Abyss スペシャルステージ~放送直前!十男十色にロックオン!」も行われる。いずれも特設サイト内で詳細が紹介されている。

 ジェネオン エンタテインメントでは、2008春の最新アニメライナップを中心に大型モニターによるプロモーション映像の上映や最新音楽の視聴を行う。
 今回、取り上げられる主要なラインナップには、『アリソンとリリア』、『隠の王』、『絶対可憐チルドレン』、『二十面相の娘』、『仮面のメイドガイ』 を挙げている。このうち『アリソンとリリア』、『隠の王』、『絶対可憐チルドレン』の3作品は、アニメフェア会場内のステージで人気声優などをゲストに招いた大型ステージを行う。特設サイトでは、それぞれのイベントの詳細や参加の方法を紹介している。

  このほか東京国際アニメフェア2008に向けて、avexも特設サイトを設けており、ステージイベントやブースイベントを紹介している。
 また、テレビ局、製作会社、パッケージ会社が自社サイトのなかで東京国際アニメフェアでのイベント情報を提供しているため、アニメファンは情報のチェックが大変になりそうだ。

東京国際アニメフェア2008公式サイト /http://www.tokyoanime.jp/ja/

東京国際アニメフェア 2008/GENEON 特設サイト
/http://www.geneon-ent.co.jp/rondorobe/taf2008/
ぽにきゃん@びっぐさいと
/http://www.ponycanyon.co.jp/TAF2008/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集