ショートアニメのair がマイスペース進出 I.GやTLIPの作品配信 | アニメ!アニメ!

ショートアニメのair がマイスペース進出 I.GやTLIPの作品配信

ニュース 話題

 インターネットでプロのクリエイターが制作したショートアニメーションを配信するair(Animation×Internet×Revolution)は、12月26日から、マイスペースでも一部の作品の配信を開始した。
 airは、国内最大のインターネットの無料動画配信GyaO事業を行うUSENの映像子会社TLIPが運営している。日本で最も優れたショートアニメーションを鑑賞できる場所のひとつとなっている。

 作品のラインナップには、DLEやPIX、弥栄堂、btfといったショートアニメーションでよく知られたクリエイター企業・集団が数多く含まれる。それだけでなくプロダクション I.Gや白組、GENCOといった既存の商業アニメーション制作会社によるショートアニメーションを紹介するユニークな試みも行っている。
 ショートムービーやショートアニメーションの動画配信の試みは少なくないが、airはプロの作品に絞ることで質の高い作品のみを集めることに成功している。

 今回airはコンテンツ配信型のコミュニティサイトのマイスペースに、air×MySpaceとタイトルしたスペースを新たに立ち上げた。これまで独自のサイトで見せていたコンテンツの一部をここで公開している。現在公開されているのは、F9やbtf(バタフライ・ストローク)の作品、それにプロダクション I.GとTLIPによる『THE GRAND MICHAEL SHOW』も含まれている。
 マイスペースは米国生まれのサイトだが、アマチュアだけでなくプロのアーティストも、しばしばプロモーションのために利用することで知られている。こうした試みは、日本でも音楽の世界でしばしば見られるが映像世界ではあまり見られない。

 アニメ作品では、米国の『涼宮ハルヒの憂鬱』や『らきすた』のプロモーションでの利用が有名だが、日本ではそうした例はないようだ。
 今回のairの試みはGyaOを通じて公開している作品を、あらためてマイスペースで配信することになる。見せ方の切り口を変え、異なった視聴者層にアピールする目的があると考えられる。同時に、ファンコミュニティの機能を持つ仕組みを利用して、作品のファンとより深く関わって行くことを目指しているようだ。

air×MySpace  /http://www.myspace.com/air_myspace
air公式サイト  /http://www.a-i-r.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集