練馬アニメーション協議会 地域のアニメ情報番組制作 | アニメ!アニメ!

練馬アニメーション協議会 地域のアニメ情報番組制作

ニュース 行政

 練馬区のアニメスタジオ50社以上が参加する練馬アニメーション協議会と練馬区は、11月1日から練馬区のアニメーション情報を伝えるアニメ情報番組「ねりたんアニメワークス」をJ:COMコミュニティチャンネルで放映する。
 これは練馬区独立60周年を記念したもので、同区の主要産業であるアニメの振興や普及、紹介を目的としている。練馬区には90以上のアニメスタジオが本社を構えており、隣接する杉並区を越える日本一のアニメ制作の集積地として知られている。

 第1回は「練馬区とアニメ」と題し、アニメともつながりの大きなマンガ家松本零士さんが、練馬区とアニメを語る。また第2回の「練馬でアニメを作る者たち」では練馬アニメーション協議会、第3回「ねりたんアニメカーニバル」では8月に行われた同イベントの紹介のほか、練馬区の志村豊志郎区長も登場する。
 番組は15分番組で、ケーブルチャンネル局J:COMのコミュニティチャンネルの練馬区周辺地域での放映となる。11月と12月は第1回から4回までをリピート放送も含めて毎日視聴が可能である。また2008年1月以降は、オンデマンドの配信も予定されている。

 練馬区はアニメ企業の集積地に関わらず、これまで東京都や杉並区といった他の自治体に較べて、区とアニメ産業と結びつきはあまり強くなかった。
 しかし、近年は練馬区とパリ市のアニメーション制作企業との連携など、区単位の取り組みが増えている。今回の試みも、練馬区が区の主要な産業であるアニメ制作を積極的に支援していくあらたな動きと言っていいだろう。

ねりたんアニメワークス /http://core-e.jp/neritan/index.html 
練馬アニメーション協議会 /http://www.nerima-anime.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集