セガMM21土地取得 大型エンタメ施設H23年オープン(2/20) | アニメ!アニメ!

セガMM21土地取得 大型エンタメ施設H23年オープン(2/20)

ニュース 話題

 横浜のみなとみらい21地区で大型エンターテイメント施設の開発計画を進めているセガは、19年2月20日に横浜市土地開発公社から開発区域の土地売買契約を締結した。
 今回、セガが土地を取得したのは、みなとみらい21地区の55街区、56街区、57街区の28,000、取得費用は226億円になる。残りの隣接する58街区13,000(104億円)については、平成20年の契約となり、今回の取得は行なわれない。

 みなとみらい21地区でのセガの開発は、国内有数の大型エンターテイメントプロジェクトとして大きな注目を集めている。今回、セガが横浜市からの土地取得したことで、開発がさらに前進する。
 セガサミーホールディンングスによれば、平成20年の58街区の土地取得後、その年の秋頃に着工、平成23年の春にはオープンするとしている。施設計画や開発手法、資金計画の詳細はこれから横浜市と詰める。

 セガがみなとみらいに開発する大型エンターテイメント施設は、土地の取得費用だけで330億円、施設建設は土地取得費用を大きく上回り、合計で1000億円を越えるとみられる。
 開発計画はこれまで屋内型エンターテイメント施設やオフィス、ホテル、商業施設などのエンターテイメントを核にした複合施設になるとしている。また、セガの本社機能を移転させるという話も出ている。
 このほか施設には劇場街やメディカルモール、テーマーパーク型のアミューズメント施設といった話が浮上しているが、これまでのところセガから正式なリリースは行なわれていない。

 これとは別に4月20日に、セガやセガサミーグループのトムス・エンタテインメントも参加する横浜アンパンマンこどもミュージアムが同じみなとみらい21地区にオープンする。
 ビッグプロジェクトが控えていることもあり、セガサミーグループの横浜シフトは今後も強まりそうだ。

/セガサミーホールデインングス 
/セガ
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集