東京国際映画祭にバンダイV、WOWOW登場(9/23) | アニメ!アニメ!

東京国際映画祭にバンダイV、WOWOW登場(9/23)

ニュース イベント

 東京国際映画祭の特集上映企画animecs TIFF2006に、新たな上映プログラムと作品が追加発表された。今回新たに加わったプログラムは「Project EMOTIONバンダイビジュアル NOW!」と「WOWOW HDTV ANIMATION特集」のふたつである。
 また、これらの上映日時も決定しており、9月30日にはチケットぴあを通じて前売り券販売が始まる。

sos tokyo.JPG それぞれの企画はバンダイビジュアルとWOWOWが企画に参加した作品からラインナップされ、未公開作品なども含まれた魅力的なプログラムである。
 バンダイビジュアルNOW!には『新SOS大東京探検隊』と『オーバン スターレーサーズ』、WOWOW ANIMATIONには『シュヴァリエ』、『太陽の黙示録』、『TOKYO TRIBE2』、『ケモノヅメ』の4作品が含まれている。作品は先に企画が決まっていた今敏特集も含めて、六本木ヒルズのTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映される。

 今回発表された作品のなかでも『新SOS大東京探検隊』は、注目作品である。原作は1996年の大友克洋氏のマンガである。それを『スチームボーイ』の制作に参加した高木真司氏が監督・絵コンテ・演出を手掛けて映像化する。『スチームボーイ』での経験を生かした最新のCGアニメーションの成果が注目される。
 作品は未公開のため、いち早く作品を観るチャンスとなる。また、『新SOS大東京探検隊』は、昨年の東京国際映画祭の関連企画Tokyo Project Gatheringでもプレゼンテーションが行われている。東京国際映画祭での上映に相応しい作品と言えるだろう。

wowow 01.JPG 『オーバン スターレーサーズ』は、日仏合作の大作SFアクションのTV作品である。近年は海外と合作アニメが増えているが、その中でもヨーロッパ企業との合作の成果が確認出来そうだ。
 WOWOWからの作品にも魅力的な作品が並んでいる。『太陽の黙示録』は同社が開局15周年の記念番組として、人気マンガ家かわぐちかいじ氏の原作をもとに製作した特別番組である。
 さらに『シュヴァリエ』、『TOKYO TRIBE2』、『ケモノヅメ』は、現在量産されているテレビアニメ作品のなかで、極めて高いクオリティを維持している作品群。日本のテレビアニメの力をあらためて確認できる上映になるだろう。

画像左上 ©2006 大友克洋・講談社/バンダイビジュアル・サンライズ
画像右下 ©冲方丁・Production I.G/「シュヴァリエ」製作委員会2006

上映作品一覧
今敏特集
『パプリカ』 10/21 11:20 - 12:50(開場11:00)
『妄想代理人』 10/21 23:00 - 28:55(開場22:40)
『パーフェクト ブルー』 10/23 14:20 - 15:41(開場14:00)
『千年女優』10/24 12:00 - 13:27(開場11:40)
『東京ゴッドファーザーズ』 10/24 14:30 - 16:00(開場14:10)
EMOTIONバンダイビジュアル NOW!
『新SOS大東京探検隊』 10/27 18:20 - 19:22(開場18:00)
『オーバン スターレーサーズ』 10/26 15:30 - 16:22(開場15:10)
WOWOW HDTV ANIMATION特集
『シュヴァリエ』 10/21 14:50 - 17:26(開場14:30)
『太陽の黙示録』 10/28 14:20 - 17:04(開場14:00)
『TOKYO TRIBE2』 10/28 18:20 - 20:20(開場18:00)
『ケモノヅメ』 10/28 18:20 - 20:20(開場18:00)

/東京国際映画祭 
 /animecs TIFF2006 
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集