いくえみ綾「プリンシパル」2018年に実写映画公開 黒島結菜と小瀧望がダブル主演 | アニメ!アニメ!

いくえみ綾「プリンシパル」2018年に実写映画公開 黒島結菜と小瀧望がダブル主演

ニュース

いくえみ綾の少女マンガ『プリンシパル』の実写映画化が決定した。タイトルは『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』となり、アニプレックス配給で2018年に全国公開される。キャストは黒島結菜と小瀧望のダブル主演となる。

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』はいくえみ綾が「Cookie」で2010年から2013年にかけて連載していた少女マンガが原作だ。全7巻の累計発行部数は120万部を超えるヒット作である。
本作は離婚した父親を頼りに東京から札幌へと引っ越した住友糸真が主人公。彼女が入学した高校で待ち受けていたのはタイプが真逆のモテ男子・舘林弦と桜井和央だった。女子の間では「弦と和央はみんなのもの」というルールがあり、もし抜け駆けしようとする者がいるとハブられてしまう。両親のこともあり恋愛には興味がなくなっていた結菜が、次第に弦と和央に惹かれていく……。

自分の居場所が見つからず素直になれない等身大の女子高生・糸真役は、2016年夏クール連続テレビドラマ『時をかける少女』で主演を務めた黒島結菜が担当。2017年3月公開の映画『サクラダリセット 過去を取り戻す-前編』でもヒロインを務める彼女が、誰からも共感を呼ぶキャラクターを演じる。
舘林弦役はジャニーズWESTのメンバーとして活動する小瀧望が務める。クールで口は悪いものの、ときおりさりげない優しさを見せるギャップが魅力の役柄となっている。

監督には『月とキャベツ』『地下鉄に乗って』などを手がけ、2017年には野村萬斎主演の『花戦さ』が公開される篠原哲雄を起用した。脚本は『くちびるに歌を』『青空エール』の持地佑季子が執筆。原作の舞台である北海道でのオールロケ撮影を予定している。

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』
2018年 全国ロードショー

監督:篠原哲雄
脚本:持地佑季子
出演:黒島結菜、小瀧望(ジャニーズWEST)
配給:アニプレックス
撮影:3月中(6月に一部撮影あり)/オール北海道ロケ撮影

(C)2018「プリンシパル」製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 映画「サクラダリセット」flumpool、主題歌に続き後篇EDも担当 画像 映画「サクラダリセット」flumpool、主題歌に続き後篇EDも担当
  • 映画「3月のライオン」 場面写真公開 神木隆之介演じる零の全力疾走や研究会の様子も 画像 映画「3月のライオン」 場面写真公開 神木隆之介演じる零の全力疾走や研究会の様子も

特集