『同級生』や『ユーリ』が登場 MdN2月号「キャラの声をフォントで再現する方法」特集 | アニメ!アニメ!

『同級生』や『ユーリ』が登場 MdN2月号「キャラの声をフォントで再現する方法」特集

ニュース

インプレスグループでデザイン分野のメディア事業を手がけるエムディエヌコーポレーションより、デザインとグラフィックの総合情報誌である月刊「MdN(エムディエヌ)」の2017年2月号が発売中だ。本誌では「キャラの声をフォントで再現する方法」を特集している。

表紙連動企画として行われたのは、アニメ『同級生』のワンシーンを文字で視覚化するという試みだ。フォントと文字組みで再現された佐条利人と草壁光の掛け合いは、文字によってどう見えてくるのだろうか。紙面ではこのほか『ユーリ!!! on ICE』、『黒執事 Book of Circus』、『田中くんはいつもけだるげ』、『天元突破グレンラガン』、『昭和元禄落語心中』の5作品も取り上げ、キャラクターの声を見るビジュアル・ギャラリーを展開している。

本号にはこのほか、企画に関連した記事も多数掲載されている。「声の専門家に聞いてみる! 声を視覚化するメソッドのヒント!?」では、声を視覚化するためのヒントについて「声」に関わる3人の専門家に聞き取りを行うことで、音声や話し方に含まれる情報を明かしている。また「声を視覚化するメソッド 予告編/基礎編/応用編」では、フォントと文字組みの知識を総動員することで、大きさやスピード、声質や抑揚といった声の表現方法を探っている。さらに「日本語の話しことば、書きことばの歴史」においては、話しことばと書きことばの関係が記載されている。

特集以外にも「MARIKA MEETS CREATORS」、「PORTFOLIO」、「デザイン・サイコメトリー 見えないデザイン」、「クリエイターズ・エッセイ」といった連載記事が掲載されている月刊「MdN」2017年2月号は、税別1,380円での販売だ。特集内容に興味のあるファンだけでなく、企画に取り上げられた作品のファンも手を伸ばしたくなる号といえそうだ。
《仲瀬 コウタロウ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「MdN」9月号の特集はキャラクターのリ・デザイン 「シン・ゴジラ」「ULTRAMAN」の造型に迫る 画像 「MdN」9月号の特集はキャラクターのリ・デザイン 「シン・ゴジラ」「ULTRAMAN」の造型に迫る
  • 「エフェクトの表現」大特集、「MdN」11月号で金田伊功や板野一郎もフォーカス 画像 「エフェクトの表現」大特集、「MdN」11月号で金田伊功や板野一郎もフォーカス

特集