「ハイキュー!!」竹内良太、木村昴のトークイベント 3期で印象に残ったのは牛島の名台詞 | アニメ!アニメ!

「ハイキュー!!」竹内良太、木村昴のトークイベント 3期で印象に残ったのは牛島の名台詞

ニュース

1月8日、アニメイト新宿店にて「ハイキュー!! 白鳥沢学園高校チームミーティング」を題したイベントが開催された。ステージには牛島若利を演じる竹内良太と天童覚を演じる木村昴が登壇し、テレビアニメ『ハイキュー!!』についてのスペシャルトークを展開した。

まずは先日放送が終了したアニメ第3期の話題からイベントがスタート。竹内は「高いトスひとつあれば、それでいい」という牛島の名台詞を挙げると、「牛島の強さが際立つシーンで、キャラクターの心情を込めて演じました。」とアフレコを振り返る。
木村は天童が歌うシーンや、急にクールになる二面性のあるシーンを演じたシーンが特に印象的だったようで、「本当に演じがいのある魅力的なキャラクターでした。」と熱く語った。

イベントではトークのほかに、3番勝負で争うゲームコーナーも行われた。お題に答えつつ爆弾を回していく「ハラハラどきどき時限爆弾ゲーム」、本編の名台詞が誰の台詞かを当てていく「キャラクター名台詞クイズ」、さらには箱の中のアイテムを当てていく「箱の中身はなんでしょう?!」といったゲームに2人が挑戦し、ファンを楽しませた。
会場から大きな声援が贈られる中、見事にゲームを制したのは竹内。竹内にはキャラクターの名前にちなんだ「牛島の煎茶」と「天童そば」がプレゼントされ、喜びの表情を見せていた。

イベントのラストで木村は「本日はありがとうございました。天童を演じることができて幸せです」とあらためてアニメへの思いを述べる。さらに「今後のイベントでお会いできることを楽しみにしています。魂のこもった作品ですので、ぜひこれからも応援してください!」とコメントした。
さらに竹内も「本日はありがとうございました。ファンの皆さんに作品を愛して頂き、こうしてイベントの場で思いを共有することができて、とても嬉しいです。いつか烏野高校を叩き潰す日が来ると信じています。これからも引き続き、『ハイキュー!!』を愛して頂けれと思います!」と力強く語り、イベントは幕を閉じた。

(C)古舘春一/集英社・「ハイキュー!! 3rd」製作委員会・MBS
《ユマ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「ハイキュー!!」ジャンプフェスタでアニメ&舞台のキャスト集結 初のコンサート開催も発表 画像 「ハイキュー!!」ジャンプフェスタでアニメ&舞台のキャスト集結 初のコンサート開催も発表
  • 「シン・ゴジラ」と「ハイキュー!!」がコラボ ポスターオマージュイラストが完成 画像 「シン・ゴジラ」と「ハイキュー!!」がコラボ ポスターオマージュイラストが完成

特集