映画「覆面系ノイズ」主演は中条あやみ 歌とギターに初挑戦 | アニメ!アニメ!

映画「覆面系ノイズ」主演は中条あやみ 歌とギターに初挑戦

ニュース

実写映画『覆面系ノイズ』の主演と監督が発表された。主人公・仁乃役にはモデルや女優として活躍中の中条あやみ、監督には『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の三木康一郎が起用された。

本作は福山リョウコが「花とゆめ」にて連載中の少女マンガが原作である。正体不明の大人気覆面バンド・in No hurry to shoutのボーカルに誘われた有栖川仁乃を巡るラブストーリーで、単行本の累計発行部数は100万部を突破中。実写映画化だけでなくテレビアニメ化も決まっている話題作だ。
実写映画版の主演は『劇場版 零~ゼロ~』や『セトウツミ』の中条あやみが務める。今回の起用にあたって8月からボイストレーニングに通い、本編では本格的な歌とギターにチャレンジする。その歌声についてはボイストレーナーも「中条さんは面白い声質。マイク乗りの良い、響きがとてもきれいな声です。高音は響きが特にきれいで、低音域もとても魅力的。練習を重ね、弱かった声も強くなってきています」と太鼓判を押す。一体どのような歌声を披露するのか、期待が膨らんでいく。

中条は本作について「初めて三木監督と、皆さんとお会いした時から絶対素敵な映画になると感じました。同時に、音の持つ力を改めて素晴らしいと感じる作品でもありました。溢れ出す想いを秘めたニノが歩む初恋、青春、恋愛…物語のすべては、この音から始まる気がします」とコメントを発表した。そして「私自身、音楽がすごく好きで 聞いたり歌ったりすると気持ちが落ち着く感情など ニノと共感できる部分も多く有栖川仁乃役を演じる事が出来てとても嬉しいです! どのシーンも好きなのですがライブのシーンは特にかっこいいので皆さんと力を合わせて全力で頑張ります!」と意気込みを見せた。
監督は映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』で甘く切ない恋模様を描き、興行収入20億円超の大ヒットを飛ばした三木康一郎監督が担当。本作では鎌倉を舞台に、登場人物の全員が伝えたいのに伝えられない想いを抱えているという、究極のラブストーリーに挑む。

映画『覆面系ノイズ』
2017年秋 全国公開

[スタッフ]
原作: 福山リョウコ 「覆面系ノイズ」 白泉社「花とゆめ」連載中
監督: 三木康一郎
主演: 中条あやみ
配給: 松竹
(c)2017「覆面系ノイズ」製作委員会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 福山リョウコ「覆面系ノイズ」 覆面つながり?MAN WITH A MISSIONとコラボPV 画像 福山リョウコ「覆面系ノイズ」 覆面つながり?MAN WITH A MISSIONとコラボPV
  • 実写化映画「サクラダリセット」野村周平がクランクアップ、「新たな引き出しができた」 と手応え 画像 実写化映画「サクラダリセット」野村周平がクランクアップ、「新たな引き出しができた」 と手応え

特集